ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「調理場」の記事一覧

当ホテル調理長の☆受賞作品☆の【準備中】の写真です。

昨日より引き続き、『観光料理の祭典技能コンクール』にて 当ホテルの調理長が『箱根町観光協会 会長賞』を頂きました!!という話題で 連載3回目の本日は、

展示会に出展する前の【準備中】の写真を掲載させて頂きます。

 

と申しますのは、会場で撮って来た写真のお料理は、ちょっと乾燥してしまっていた(早朝から準備し 展示を始め、撮影したのは午後でした)ので、できたての時の 艶やかで瑞々しい状態の写真も、ぜひ ご覧頂きたいのです!!)

1枚目の写真は、会場で撮ったもの。

 

そして、2枚目以降の写真は、前夜に 当館の調理場で撮ったものです。

こちらは【先付】の一部で、写真で中央に見える紫色の物は「あけび きのこ味噌炒め」です。

こちらは【焼き物】「伊勢海老うに焼」「大根ステーキ」「カマス新胡麻焼き」「焼き栗 銀杏」。

細かな模様を施した かぼちゃの器が美しい こちらは【炊き合せ】「菊蕪」「海老芋」「木の葉南瓜」「たらば蟹千段巻」「イチョウ人参」「昆布」「金針菜」が盛り付けられています。

こちらは【前菜】で、写真の中央に見える『里芋と栗を模した 和菓子』は、先日のブログに掲載させて頂いたのと同じもので、一部のご宿泊プランで 実際にお泊りのお客様へのご提供が始まっているものです。

「菊の浸し」「カマス煎餅」「衣かつぎ」「蛤うるか和え」「秋刀魚巻織」「萩飯蒸し」「燻秋鮭梨蜜掛け」「南瓜真蒸」が 綺麗に並んでいますが、

ご覧ください!この ぷるっぷる!な、右手前に見える「燻秋鮭梨蜜掛け」の透明感!!

 

展示会の前夜に できたての美しさを見た時から、時間が経って 会場で再会したお料理たちは、全体的に 乾燥してしまい、また、食材それぞれが持つ美しい色合いにも変化が出てしまうのですが…

審査員の皆様も 朝早くから会場入りして、しっかりとご覧になり 採点と協議を重ねていらっしゃったのだそうですので、そこは もちろん、バッチリと一番良い状態のものをご覧頂いています。

 

…と、本日は、展示会の会場で撮った写真ではお伝え出来なかった このお料理たちの美しさをご覧頂きたかったのですが、

相変わらず 写真が下手で すみません😥

 

『おくゆもと』からお知らせ. 調理場

当ホテル調理長が☆受賞☆した、料理コンクールの会場の様子です。

昨日より引き続き、『観光料理の祭典技能コンクール』にて 当ホテルの調理長が『箱根町観光協会 会長賞』を頂きました!!という話題をお送り致します。

1枚目の写真が その出展作品、右上の方に受賞の短冊が置かれています。

 

神奈川県・静岡県の腕自慢たちが鎬を削るコンクール(と申しますと、百戦錬磨の猛者ばかりのような 猛々しい感じに聞こえがちですが…女性の板前さんも出場していて、また、男性の板前さんの作品もとっても繊細で美しいつくりですし、どの作品が どなたのものか?全く解りません。所属や名前を表記せずに並べて 審査を受ける、本当に 純粋に 技術とセンス☆才能☆を競い合う大会です。)の 会場の様子を、本日は掲載させて頂きます。

とても多くの方々が 素晴らしいお料理の数々を前に話し合ったり、写真を撮ったりしていました。

 

また、このような展示会では、調理器具や食材を扱う企業のブースも たくさん出ます。

 

他の地域の料理展示会には 何度か見学に行った事があるのですが、自分がお仕事させて頂ている この箱根を含む 神奈川県・静岡県の大会を拝見するのは初めてで、とても勉強になり 刺激を受けて帰って参りました。

 

さて、昨日のブログで「会場で撮ったお料理の写真は、ちょっと乾燥してしまっているのです。早朝から準備し 展示を始め、撮影したのは午後でしたので…」と お話ししておりましたが、完成したばかりの時の 瑞々しい状態のお料理もぜひ!ぜひ!ご覧頂きたく、そちらは また 後日に掲載させて頂きます。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 調理場

当館 調理長のお料理が賞を頂きました!!

先日 行われました『観光料理の祭典技能コンクール』にて、当ホテル調理長のお料理が『箱根町観光協会 会長賞』を頂きました!!

ここまでの写真は 全て 当ホテル調理長のお料理の数々です。

4枚目の写真の中央に見える『里芋と栗を模した 和菓子』は、先日のブログに掲載させて頂いたのと同じもので、一部のご宿泊プランで 実際にお泊りのお客様へのご提供が始まっているものです。

 

 

神奈川県と静岡県の 素晴らしい作品が並んだ会場は圧巻!!出展者の名前と所属を伏せて展示し、本当に 技術とセンス☆才能☆を競い合う料理コンクールで、真剣勝負の その ピリピリとしたムードは  “良い意味で「怖かった」” です。

 

…と、本日は写真多め、言葉少なめ、でお送り致しましたが、

コンクール会場の様子や 出展前の準備中のお料理の写真は また後日に掲載させて頂きます。

(今回のお料理の写真は、ちょっと乾燥してしまっているのです。早朝から準備し 展示を始め、撮影したのは午後でしたので、4枚目の写真の かわいらしい和菓子も 少し カラッとしてしまっています。本物は とっても しっとりして美味でございます♪ ですので、艶やかな状態の時の写真も、ぜひ ご覧頂きたいと思います。)

 

『おくゆもと』からお知らせ. 調理場

調理長が 料理展示会の準備中をしていました。

調理場を通りかかると、調理長が 料理展示会に出展するお料理の準備をしていました。

長茄子の編み代で胡麻豆腐を包み、雪の結晶を模した 大根のむきもの をあしらった一品、日本料理の美しさ 素晴らしさを 深く感じます。

雪平鍋の中の 雪たち

(白い線は 天井の照明が映ってしまったものです)

他にも いくつものお鍋が並び、様々な飾り切りのお野菜がありましたが、写真は ここまで…。

あとは「まだまだ 仕込み中」とのことでした。

器の準備も同時進行で、漆塗りの台に いくつかの器たちが並び始めていました。

 

ご宿泊のお客様のお料理をご準備する時間帯の調理場は、たくさんのスタッフが行き来し、とても活気に溢れているのですが…ピーク以外の時間の 静まり返った調理場では、このような 日々のお仕事以外の活動も行われています。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 調理場

お食事処に用意の『湘南ソルト』、ぜひ お召し上がりくださいませ♪

以前に このブログの【ショップ通信】でご紹介(→過去の記事)させて頂いた『日本のうまい』さんの『湘南ソルト(お塩)』ですが、お食事処『山里』の全テーブルにご用意しており、おかげさまで 大変ご好評を賜っております。

当館では3種類のお味をご用意しております。

左から『足柄茶🍵ソルト』『湘南レモン🍋ソルト』『湘南トマト🍅ソルト』で、

レモンが☆一番人気☆かと思いますが、足柄茶も負けず劣らず ご好評!、そして 調理長のおすすめはトマトです!!

「湘南の 本当に美味しい お塩」と噂の商品で、人気テレビ番組「ヒルナンデス」のバスツアーのコーナーで 絶賛!!されてからは 特に、お取り扱い店舗でも品切れ続出!の人気ぶり。厳選した食材で 手作りしている 調味料職人さんのお品物なので、入手困難なことで有名になっています。

『日本のうまい』さん:神奈川県で収穫された食材が主役のオリジナル調味料、安心安全な日本国内の原材料を厳選して 余計なモノは加えない 純粋な無添加調味料にこだわっている会社です。詳しくは こちら→公式HP

希少価値が高まっている品物ですが、当館は 早くからお願いして 長い準備期間を経て導入させて頂きましたので、十分な数を確保して頂いておりました。お食事処の全てのテーブルにご用意しておりますので、ぜひ ご利用くださいませ。

2・3枚目の写真は 営業時間外のお食事処【山里(やまざと)】のテーブルですが、こちらの『湘南ソルト』たちを置いている所をアップにしたのが1・4枚目の写真で、ご自由にお召し上がり頂けますよう 卓上に3種類のボトルで ご用意しております

当館のお夕食には 『揚げたて天ぷら』『焼きたてステーキ』ご注文し放題!オーダーバイキングがございますが、そのどちらにも、また ビュッフェコーナーのサラダバーのお野菜にも、相性バッチリの美味しさです。

ステーキ動画

天ぷら動画(揚げているシーン)

天ぷら動画(仕込みと具材)

 

サラダバー動画

 

ステーキ・天ぷら・サラダバー、それぞれの写真の下のリンクより 動画をご覧頂けます。

 

当館 調理長が信頼をおく、とても丁寧な手法で作られた調味料です。ぜひ お食事の際にお召し上がりになってみて頂きたいと思います。

 

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

食欲の秋!『秋のお献立』の 勉強会を行いました。

季節感たっぷり、食欲の秋を愉しんで頂く 新たなお献立のご用意が始まりました。

先日、当ホテル厨房にて 勉強会を行い、ご提供開始に向けての準備を致しました。

調理長の説明・  “こだわりポイント” を聞き、ご提供スタッフ達は 自分の勉強用に写真を撮ったり、 調理やお支度にかかる時間(オーダーのタイミングを計る為)を質問したり、質疑応答も たくさん有り、皆の表情は真剣そのもの。

こちらは 先日、当館の公式Twitterに こしらえているところの動画※を載せ、たくさんの「いいね」を頂いた『秋の和菓子』です。左から『抹茶ようかん・甘味・梨』で、お部屋食のプランのデザートです。

甘味の部分に、里芋と栗に見立てたお菓子 がございますが、白餡に焼き串で模様をつけて 里芋に見立てた、ころんと 丸っこい形が かわいい和菓子をつくっている動画です。

山々が色合いをかえ、一段と美しくなる秋、

まごころ込めた お料理で、素敵な旅の思い出づくりにお手伝いしたく、皆様のお見えを、スタッフ一同 心よりお待ち申し上げております。

この秋も『箱根・ホテルおくゆもと』へ、ぜひ お揃いでお越しくださいませ。

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

お正月のご準備、始めております

当ホテルの調理場にて、

佐藤調理長が たくさんの器を並べていました。

 

美しい色合いの器たち、「福」の文字が入っている器や 朱塗に金箔をあしらったものなど、とても華やか。

そうです、こちらは お正月のお献立用の器を決めていたシーンです。

年末年始のご予約は、毎年6月1日の発売が 瞬時に満室となってしまう程のご用命を賜ります。その後、一部 旅行会社さんへのご提供分が 各社より発売されますが、そちらも 瞬間に売りきれてしまいます。

「箱根のホテル・旅館のお正月は 日本一の賑わいとなる」とも言われ、私共も 一年で最も 嬉しい悲鳴!と申します程に、遣り甲斐に満ち溢れた 繁やかな時を過ごさせて頂くお仕事となります。

 

この年末年始に 当館へお見えのご予定のお客様、ご自宅で のんびり過ごされる皆様、また、お正月こそ お忙しく活動なさる方々や お仕事をなさる方々、皆々様、お風邪など召されませぬよう どうぞお気を付けくださいませ。皆様が お元気に!笑顔で!新年をお迎えになられますよう 願っております。

 

 

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

第18回『観光料理の祭典』技能コンクールに出展します

昨日の事です。

調理場で、佐藤調理長が 何やら悩んでいました。

空の器を置いては 少し離れて眺めてみたり、ちょっと位置をずらしてみたり…どのように並べるかを 真剣に考えていました。

 

漆塗りの雛段に並べられた器たち、

当館では 初めて見る、細長い形の 少し珍しい器。お隣りの黄色い器は、まだ 包装をほどいたばかりで、産地などのデータが書かれている紙が貼られています。

 

第18回『観光料理の祭典』技能コンクールに出展する際の器を選び、また その配置を決めているところだったのです。『神奈川・静岡 観光料理の祭典』は 神奈川県日本調理技能士会の主催で、来たる9月12日に行われます。

 

夏休みの繁忙期には、連日 満室のお客様をお迎えさせて頂き、一昨日の9月1日より 秋の新しいお献立が始まったばかり、毎日が 目の回るような忙しさですが、器を選ぶ調理長は とても楽しそうでした。

この器たちに 素晴らしいお料理を盛りつけ、コンクールに出展して参ります。このブログをご覧の皆様、パソコンやスマホの画面の向こうから、ぜひ ぜひ 応援して頂けますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

春の新メニュー、勉強会を行いました。

春らしさ いっぱいの、新たなお献立のご用意が始まりました。

メニュー替えの前日、ホテル厨房にて 勉強会を行い、

ご提供開始に向けての準備を致しました。

 

こちらは、お焦げも美味しい、土鍋で炊いた たけのこご飯。

『桜海老と筍の炊き込み』

(実際のご提供時には、青みに 三ツ葉を用います)

 

はまぐり・桜えび・ほたるいか、

たらの芽・うるい・蕗の薹、

菜の花・桜 など エディブルフラワーも…

彩りも とっても華やかで、胸躍るようなお料理ばかりです。

 

ご提供スタッフ達は、自分の勉強用に写真を撮ったり、

オーダーのタイミングや 食材について 産地などを質問したり、

また、調理長の  “こだわりポイント”  について聞き、

お客様へのご案内に備えています。

 

こころ華やぐ春、

まごころ込めた お料理で、素敵な旅の思い出づくりにお手伝いしたく、

皆様のお見えを、スタッフ一同 心よりお待ち申し上げております。

ご家族で、かけがえのないお友達や 大切なひとと、

また、ワイワイ楽しいグループ旅行で、などなど、

春の箱根・ホテルおくゆもとへ、ぜひ お越しくださいませ。

 

 

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

冬のお献立

昨日、当ホテルの調理場にて、冬のお献立の勉強会がありました。

調理長が新メニューを説明し、実際にご提供する担当のスタッフ達は 材料や味付けについての質問をしたり、また、お客様のお食事スピードに合わせて次のお料理を注文するので「何分前に頼めば良いですか?」との質問も多く出ます。

雪の結晶に見立てた 飾り切りや、旬の食材を遣い あたたかなムードに仕上げたお料理など、冬のごちそうが並び、とても華やかでした。

説明を聞き、メモをとり、勉強をした後は、試食をさせて頂きます。感想を言い合いながら 一通りのお料理を頂戴しました。

私は『山麓豚のお鍋』と『蟹ときのこの炊き込みご飯』が 特に気に入りました。お鍋は白湯味噌仕立てのスープに生姜が効いていて、じんわり ほこほこ 身体があたたまります。三種のキノコと蟹を使ったご飯は、蟹料理によくある ダイナミックな見た目ではなく、普通の炊き込みご飯のように見せかけておいて、細かくほぐされた蟹の身が キノコと協力し合い ご飯を美味しくしてくれていて、ご飯に蟹!って とっても贅沢な感じがします♪

旅の楽しみのひとつであるお食事が 皆様の素敵な思い出となりますよう、また、年末のイベントなど わくわくするお食事シーンも増える季節ですので、スタッフ一同 はりきって努めて参ります。

 

『おくゆもと』からお知らせ. お食事処『山里』. 調理場

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ