ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「2018年12月」の記事一覧

芦ノ湖の 箱根冬景色『トワイライト花火』 開催のお知らせ

クリスマスまで あと少し!街にはキラキラのイルミネーションが輝き、なんだかワクワクしてしまう季節です。

当館も、12月ラストの週は、Xmasの前後から 年末年始にかけて ずっと 満室のご予約をお承りしており、12月25日と27日のみ、一部タイプに空室が出たり、すぐにご予約を頂戴して また満室になったり、毎分 くるくると変化している状態です。ご予約をご希望のお客様は ぜひ お急ぎくださいませ。

(連日 このブログでご紹介中の、箱根の観光施設で開催中のXmasイベントも楽しめて、大ラッシュが始まる前の12月18日~20日は まだ空室がございます。交通のお混雑も少なめなので、狙い目の日程と申しますか、お薦めです。)

 

さて、本日の話題ですが、

第4回目となりました「箱根冬景色『トワイライト花火』」が 今年も開催されます。

クリスマスイヴの24日(月・祝)と、当日の25日(火)の2夜連続で、日が落ちるトワイライトタイムに大輪の花が打ち上がります。冬の澄みきった空気の中に映える 色とりどりの迫力ある花火を鑑賞することができます。

「箱根冬景色『トワイライト花火』」
期間:2018年12月24日(月・祝)・25日(火)
場所:芦ノ湖・元箱根港 周辺
時間:17:15より17:30予定
お問合せ:TEL 0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)

詳しくは こちら→芦ノ湖温泉旅館組合HP

 

箱 根-観光

ショップ通信 ⛄『和のニット手袋』セール期間中!!⛄のご案内

毎週金曜日は、フロント前・売店より 人気の商品や 新入荷のお知らせ などなど…の情報をお送りする、【ショップ通信】の日です。

本日は、冬の箱根旅行を あたたかく♪ おしゃれに♪ 彩る、

⛄『和のニット手袋』セール期間中!!⛄のご案内をさせて頂きます。

 

こちらは、アクリル毛糸で作られた ニットの手袋で、ワンポイントの刺繍が入っていて、また、編み込み模様と 手首のリブ編み部分の配色も綺麗な、ほこほこ♪ 気持ちまで あったか♪ になる商品です。

 

 

その手首の部分は、折り返した状態で 長さ5cm程、折り返して使うと モコっとボリュームがあって かわいいですよ。

手首の折り返しを伸ばすと 長さ10cm程になり(指先からの全長は28.5cmくらい)、手首をしっかりと寒さから防いでくれます。袖口が短めのお洋服の時も、安心な あたたかさです。

 

カラーは 只今、3種類のお在庫がございます。

ブラック&グレーの配色で 椿の花の刺繍・ブラウン&えんじ色の配色で うさぎと水色の花の刺繍・パープルの濃淡&マスタード色の配色に 猫と黄色い花の刺繍、どれも とっても素敵です!

 

このニット手袋、とてもお得なセール価格になっていて、

1,200円→800円(税別)なのです!!

 

箱根観光で あちこち歩き回るのに、また 山歩きや 標高の高い地域の夜イベントにお出かけの際などに、お得で かわいくて あたたかく、お薦めです。

 

売店の奥の方、箱根寄木細工のガラスケースの上か、左手の和小物の雑貨がたくさんある棚か、そのどちらかで 移動する場合もございますが、だいたい その辺りに、カゴに入れて陳列しております。

ご滞在中に、ぜひ ご覧くださいませ。

 

 売 店

彫刻の森美術館、ナイトミュージアム開催中です!

【箱根 彫刻の森美術館】さんは、箱根登山電車の「彫刻の森駅」の目の前にある、国内で初めての野外美術館です。

7万㎡の緑豊かな庭園に、 近・現代を代表する彫刻家の名作 約120点が常設展示されています。野外彫刻には 1.大迫力!間近で見られる野外彫刻 2.四季の自然を感じながらの散策 3.魅力ある彫刻たち の 3つのポイントがあります。また、室内の展示も充実していて、世界有数のコレクション3000点余りを公開している「ピカソ館」を含む5つの室内展示場と、お子様が中に入って遊ぶことができる造形作品「ネットの森」なども とても人気です。

こちらが その「ネットの森」、明るい色と 優しくて強いネットに滑り込んでみたり・ぶら下がってみたり、いつも たくさんのお子様で賑わっています。

 

この冬、【箱根 彫刻の森美術館】さんで、 2019年1月6日(日)まで 毎日、『ナイトミュージアム』というイベントが行われています。

クリスマスと年末年始の野外美術館を ロマンチックに演出する展示が行われ、通常は17時閉館なのですが、この期間中は18時までの延長になり、16時45分からライトアップが始まります。

 

美術館の玄関口である円形広場と、本館エリア屋外展示場がライトアップされるのですが、昨年 冬の ナイトミュージアム開催時よりも ライトアップされる彫刻の数が増えています。

また、無線で色をコントロールする「LED 提灯(ちょうちん)」(無料レンタル)を持って歩くと、出会う彫刻や風景のライトアップの色に呼応して提灯の光が変化し、ライトアップの中に入り込むような感覚を体験できます。他にも、今回から新登場の「ひかりの実」という アーティストとお客様が一緒に創ったオブジェもあり、お初めてでお見えの方も 繰り返しお見えの方も 皆様に楽しい “しかけ” が いっぱいです!

 

今回は、16時45分からの 夜だけのご入場用チケットが新発売になっています。

イベントの概要・ご料金のご案内などは こちら→プレスリリース

 

国立公園ならではの 自然いっぱいな山々に囲まれた箱根では、明かりと音に溢れた都会とは違う 夜の静寂を感じる事ができます。こちらの美術館は 標高545mの場所にあり(東京の山手線の駅と比べると、最も低い所で 品川駅や有楽町駅が2m・最も高い所でも 新宿駅37mです)、空気の美味しさも格別ですよ♪

 

ちなみに、当ホテルのお夕食は、平日は 18時~・18時30分~・19時~ の3部、休前日や土日は 17時30分~・19時30分~の2部、など(日程により変更の場合もございます)ですので、一番遅い回のご夕食でしたら このナイトミュージアムを楽しんでいらしてからでも お召し上がり頂けます。

【箱根 彫刻の森美術館】さんから当ホテルは、マイカーご利用で20~30分程、公共交通機関のご利用で50分程です。

 

アクセスなど、詳しくは こちら→【箱根 彫刻の森美術館】さんHP

 

箱 根-観光

芦ノ湖のお船、ライトアップされる日のご案内☆彡

箱根の芦ノ湖には 2種類の観光遊覧船があります。同じ湖で、港も すぐお隣りで、航路も似通っているのですが、運営している会社が違います。

『①芦ノ湖遊覧船』『②箱根観光船(海賊船)』の2種類です。(この2つは どっちが①でも②でもないと申しますか、普段は このような番号を付けて呼ばれている訳ではないのですが…今回は、ご説明の便宜上、私が勝手に その開業の歴史が深い順に の番号を付けてみました。)

 

『①芦ノ湖遊覧船』は、伊豆箱根鉄道(西武グループ)さんが運営していて、現在 就航しているお船は「十国丸」「あしのこ丸」「はこね丸」「第二こま」の 全4隻あります。

(こちらのお船は、構造の特徴に 乗り物マニアな私が注目した 素晴らしいポイントがあり、船酔いをご心配の方には 特にお薦めです。そのポイントにつきまして、詳しくは こちら→以前のブログ記事

船内の客席では、1階の前方からは操舵するキャプテンの様子がよく見え、また、2階席は180度のパノラマビューで 富士山や箱根外輪山の稜線などの景色を眺めることができます。特に、「十国丸」には 雛段状になっている屋外客席(写真:左側の船の、右上の所に 斜めになっているのが見える部分)があり、そこからの眺めは最高です!

 

『②箱根観光船(海賊船)』は、小田急電鉄グループさんが運営していて、現在 就航しているお船は「バーサ 」「ビクトリー」「ロワイヤルII 」の 全3隻です。(来年4月に新型船が登場する予定で、その船の内外装デザインは JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけたデザイナーさんが担当なさるそうです。)

こちらは、船内に海賊に扮したスタッフさんが居て 一緒に記念写真を撮ることができたり、客室やデッキに海賊の等身大フィギュアや絵が多く飾られています。また、ゴージャスな特別船室(要、別途 追加料金)もあります。

写真は 赤と白のツートンカラーの「ロワイヤルII 」。他に 茶色と黒のツートンカラーの「ビクトリー」、緑色の「バーサ 」があります。

 

さて、本日の話題ですが、

芦ノ湖の この2種類の観光遊覧船が、クリスマスシーズンのイルミネーション&ライトアップをしています。

17時~18時の間、【箱根関所跡港】【箱根町港】に停泊している船に、イルミネーションを施し ライトアップで素敵なクリスマスを演出☆彡というイベントが行われるのです。(この2つの港は隣どうしの場所にあり、間の距離は 約300m・徒歩4分程です。【箱根関所跡港】『①芦ノ湖遊覧船』の港で、【箱根町港】『②箱根観光船(海賊船)』の港です。)

この季節は16時代に最終便が出航する(山の夜は早く、17時過ぎには真っ暗になりますので、お客様の安全の為にも早めの営業終了になっているそうです)観光遊覧船ですので、その後は、皆様がお宿に向かわれたり、帰路につくなど、賑やかだった お昼間から一転し、芦ノ湖は ぐっと落ち着いたムードに変わり、もう少し経つと 静寂を感じる程の 深い闇が降りてきます。

雨と霧の名所とも言われる箱根の、特に芦ノ湖の方では 夜霧も出る時期が多いのですが、冬の 乾燥して空気の澄んだ夜は 星もたくさん見え、夜の芦ノ湖は 本当に素敵ですよ☆彡

船に施されたイルミネーションが綺麗なのは もちろんですが、湖面に映る灯りも とても美しく(本日の記事の 1枚目の写真)、 幻想的なムードです。

日程や場所、お問い合わせ先は、下記のようになっています。

 

『①芦ノ湖遊覧船』 箱根関所跡港

日程:2018年12月16日(日)・23日(日)
時間:17:00~18:00
お問合せ:芦ノ湖遊覧船 TEL:0460-83-6351

 

『②箱根観光船(海賊船)』 箱根町港

日程:2018年12月15日(土)・24日(月・振)
時間:17:00~18:00
お問合せ:箱根観光船 TEL:0460-83-6325

 

ぜひ、ロマンチックな思い出をつくりに、また、アルバムに映える 素敵なお写真を撮りに、いらしてみませんか?

 

箱 根-観光. 箱根の乗り物

【星の王子さまミュージアム】で、手作り体験☆彡

仙石原にある【箱根★サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム】さんで、クリスマスと年末年始に向けたイルミネーションとプロジェクションマッピングのイベントが行われていることを、先日のブログでお伝えしておりましたが、

『ロマンティック・スターリー・ナイト』開催中のお知らせ→以前のブログ記事

只今、そちらのミュージアムでは、冬のワークショップ「ステンドグラス風『スノードーム』をつくろう」が クリスマスイブの12月24日まで開催されています。

「旅の想い出をとじこめた『星の王子さま』のスノードームをつくろう!」という企画で、ステンドグラス風にした背景に、王子さまのシールやレースなどを入れて幻想的な『星の王子さま』のスノードームを作ることができます。また、裏面には 大切な写真などを入れられるので、旅の想い出をとじこめた 世界に一つだけの素敵なスノードームになりますね♪

 

12月24日(月)までの間の 土曜・日曜・祝日(振休)のみ開催、午前の部11時から・午後の部13時から、※予約優先、空席分は先着順で受け付けだそうです。

ミュージアム内のカフェ 【ル・サンジェルマン・デ・プレ】で行われています。

参加ご費用は材料費が1セット3,000円(ミュージアム入園料は別途)となっております。

※ご予約・お問い合わせは TEL.0460-86-3700

 

ミュージアム鑑賞と手作り体験・ロマンチックな夜のイベントも愉しめる、この機会に ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

アクセスなど、詳しくは こちら→【星の王子さまミュージアム】さんHP

 

箱 根-観光

少し、葉が減りましたが…まだ、紅葉は ご覧頂けます

当ホテルの向こうに見えているのは、湯坂山(ゆさかやま)。

先日、雨風の強い日があったので、葉を降ろしてしまった木が多く、茅色の枝が目立ちます。でも、まだ、赤は少ないですが、黄色や橙色の葉が見えます。

山の部分を拡大してみました。

 

箱根の紅葉は 遅めに始まり、ゆっくりと変化を続け、そして、とても長い期間に亘ってご覧頂けます。

ちなみに、この写真で ホテルの建物の手前・左側に見えているのは、枝垂桜の木。満開の時の様子は こちら→以前のブログ記事

今は枝だけになっていますが、また 来年のお花の時期を、どうぞ お楽しみに…。

 

駐車場入り口(東海道の旧街道【神奈川県道732号・湯本 元箱根 線】から 入って来て頂く坂道)の左側では、椿の花が咲いています。

直径が5~7cmくらいの、小ぶりの花が とってもカワイイです。

 

同じ道の右側にも たくさん椿の木があり、そちらは もっと大きい花が咲く品種なのですが、まだツボミの状態です。

このツボミの方が 東を背に生えている木で、午後から夕方の陽が当たるので、成長がゆっくりなのだと思います。

上の3枚の写真の開花している方は 西を背に生えていて、朝からお昼間にかけての陽を たくさん浴びているのです。

 

少しずつ時期をずらして、様々な植物が 見頃を迎えてゆきます。

植物に詳しいスタッフ・造園が得意なスタッフが力を合わせ、また、たまにプロの方に来てもらったりして、ホテル敷地内の整園をしております。

ご来館の際に、ぜひ ご覧くださいませ。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物

芦ノ湖で『シェア サイクル(自転車レンタル)』、お勧めです!

箱根の12月は、サイクリングに最適な季節です!

「雨と霧の名所」とも言われる 箱根、雨の景色の美しさと マイナスイオンたっぷりの空気の美味しさは 格別なのですが…サイクリングを楽しむには、晴れた日が良いですよね♪

年間を通じて 雨が多め(霧は本当に多いです)な箱根ですが、空気が乾燥した冬は 快晴の日が多く サイクリング日和となります。

 

芦ノ湖の周辺には、『シェア サイクル(自転車レンタル)』ポート(「港」の意味:貸出・返却の拠点)が6ヶ所あり、1日パスポート1,000円(税込)で 電動アシスト付き自転車を借りることができます。どこのサイクルポートでも返却が可能なのが嬉しいポイントです。

チラシPDF→芦ノ湖シェアサイクル

 

電動アシスト付き自転車って 本当に楽々と乗れて、楽しいですよね!自力では無理そうな距離や 上り坂も 余裕で走れますし、マイカーやバスで行くのとは違う 小さな発見や素敵な出会いが たくさんありそうな予感。

冬の澄んだ空気が美味しい 箱根・芦ノ湖で、健康的に サイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

詳しくは こちらのサイトへ→Let’s BIKE

 

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物

ショップ通信 🐗『いのししジャーキー』🐗のご紹介

毎週金曜日は、フロント前・売店より 人気の商品や 新入荷のお知らせ などなど…の情報をお送りする、【ショップ通信】の日です。

本日は、箱根旅行の お部屋での飲み会に、ちょっと変わった 珍しいお土産に、発売以来 早くも人気沸騰!な お酒のおつまみ

🐗『いのししジャーキー』🐗のご紹介をさせて頂きます。

 

『いのしし』… そうです、来年の干支である『猪』です。

ビーフジャーキーみたいな、猪のお肉で作られた『いのししジャーキー』

 

「どんな味!?」「クセが強いんじゃない?」などなど、当館のスタッフ達は ちょっとザワザワしていました。

ジビエ料理はブームだし、“ぼたん鍋” を食べた事がある私は ぜんぜん抵抗なく「このジャーキー、きっと美味しいと思う!」と 仕入れてみました。

 

さて、気になる そのお味ですが…

実際に この『いのししジャーキー』を食べた感想は、

豚肉に似ているような?もっと濃厚な味わいだけど、みんなが気にしていた 臭みは ぜんぜん無く、脂身が少なくて  しっかりとした赤身のお肉を食べている!って充実感があると申しますか、その赤身にも 少しまとった脂は さらっと溶ける感じで、とってもヘルシーな印象です。

売場のPOPに書いたのですが、「とっても美味しくて びっくり☆」と お求めになったお客様よりお声を頂きます。

ホテルの売店でのお買い物は、ご自宅に帰ってから召し上がるもの・お土産に差し上げた お相手の方が召し上がるもの が 多いのですが…お酒のおつまみは お部屋での飲み会で召し上がって頂くので、翌朝のチェックアウト時に すぐ「美味しかったよ!」などのご感想を聞くことができます。

 

秋から冬にかけてはジビエが美味しい時期と言われますが、旨味たっぷりのお肉のジャーキーは、冬に美味しいお酒たちに とっても良く合います。

温泉で温まったお身体に、キンキンに冷えたビール!地酒の冷酒や オンザロックで飲む梅酒!糖質ゼロで人気なハイボール!さっぱりとジューシーな フルーツ果汁のチューハイ!などなど…(全て 売店でお取り扱い中です)と一緒に、ぜひ いかがでしょうか?

1袋30g入り、1,000円(税別)です。ちょっと高級なお値段ですが、とても貴重な食材で、丁寧に作られたジャーキーです。

 

ちなみに、箱根にも 猪は とても多く居るのですが、箱根は国立公園(野生動物保護の区域)なので、この『いのししジャーキー』は 箱根の猪のお肉では ありません。箱根のご近所である湯河原あたりの猪の肉をつかっているのだそうです。

 

 売 店

フロント前 ロビーに、クリスマスツリーを飾りました🎄

本日、7階フロント前 ロビーに、クリスマスツリーを飾りました🎄

 

当館は 正面玄関を入って来て頂いた所が7階です。

「駐車場から地面を歩いて来たのに、建物に入ったら いきなり7階!?」と よく驚かれます。(これは “箱根あるある” の一つ。「箱根の山は天下の険」と言われる程の 交通の難所であったのには、険しい山道に 細かい高低差が非常に多いことが由来しています。現代になって 舗装された道路が整っても、アップダウンのある道に面している「建物の玄関は 1階とは限らない 場合が多い」のです。)正面玄関を入って、すぐ右にフロントカウンターがあり、左側に お土産などを扱う売店と、この写真のロビーがございます。

このクリスマスツリーの向こうに見える窓の外には、早咲き品種の桜『大島桜』の大きな木がございます。

満開の時の様子は こちら→以前のブログ記事

 

明るい時間に撮った写真ですが、この後、夜になって 窓の外が暗くなると、とっても良いムードになりました☆彡

 

ご来館の際には、ぜひ こちらで記念写真をお撮り下さいませ。

 

『おくゆもと』からお知らせ

【箱根 ガラスの森 美術館】のクリスマス☆彡

仙石原にある【箱根 ガラスの森 美術館】さんは 日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館で、年間50万人もの人々が訪れている とても人気の観光施設です。その収蔵品の数々は 大変に素晴らしいもので、また、大涌谷を眺望する お庭でのお散歩を愉しんだり、レストランやショップも素敵なお店なので、園内で一日中を過ごす方々も多くいらっしゃいます。

 

そちらでは 毎年恒例の、とても素敵なクリスマスツリーが 今年も登場していて、鑑賞に・記念撮影に と 大盛況となっています。(12月25日までの毎日 展示中)

『フラッシュツリー・アベーテ(イタリア語で“もみの木”の意味だそうです)』は、高さ約10m・約8万5千粒のクリスタルガラスを使ったツリーと、高さ約8m・約6万5千粒のクリスタルガラス使ったツリーの、2つのクリスマスツリーで、「一生に一度は見たいクリスマスツリー」と言われ、とっても有名なんですよ☆彡

そして、12月21日~24日は、開館時間を通常の17時30分から19時30分まで(ご入館は19時まで)に延長しての営業になるのだそうです。

 

ヴェネチアン・グラス美術館の クリスマス企画展も、12月25日まで開催中で、イタリアのクリスマスに欠かせない物語の世界をガラスで表現した作品などを鑑賞することができます。

また、12月22日と23日には、限定100名様(事前のご予約が必要)の クリスマスディナー&コンサート『ディナーと音楽の夕べ』も行われます。

 

展示品の素晴らしさはもちろんですが、「お庭を含めた全体的な雰囲気、レストランのムードと絶品メニューの数々が大好き!」と言うファンが多いのですが、特にレストランが人気の理由は…こちらの美術館は、ト◯ンプ大統領が来日した時の安◯総理との会食や、元大統領夫人タレントのデ◯ィ夫人が来られるとか…で有名な、各界セレブ御用達のレストラン【うかい亭】さんと同じオーナーさんのご経営なんですって。(でも、トラ〇プさん価格ではなく、庶民な 私達おくゆもとスタッフもランチを楽しめる、お得なセットメニューなどが有りました。)

お昼間も、夜も素敵な美術館、ご家族で・お友達と・大切な人と・女子会旅行には特にお薦めです!

詳しくは こちら→【箱根 ガラスの森 美術館】さんHPをご覧くださいませ。

 

箱 根-観光

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ