ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「2018年02月」の記事一覧

芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会、3月1日です!

今年も芦ノ湖での釣りが、もうすぐ3月2日に解禁になります

その前日、3月1日『芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会』が開催される予定で、豪華賞品や ご参加の皆様へのプレゼントも たくさん用意されているそうです。

毎年の解禁を楽しみに ご宿泊のご予約をくださるお客様も多く、当日のお天気などのお問い合わせも頂いておりますが、3月1日は 雨のち晴れ、3月2日は 晴れのち曇り、概ね大丈夫な感じと言ったところでしょうか?

レインボートラウト・ブラウントラウト・サクラマス・イワナ・オオクチバスが対象だそうで、ピッチピチの元気なお魚達が たくさん居ますので、ぜひ 奮ってご参加ください!!

『芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会』は、

平成30年3月1日(木) 午前6:30~午後3:00

大会参加当日券 6,000円     中学生以下  無料   です。

釣り大会のお知らせチラシは こちら→大会概要PDF

また、2月28日(水)に ㊙放流情報等を聞く事ができる前夜祭も開催されます。

詳しくは こちら→芦ノ湖漁業協同組合HP

当ホテルは、2月28日と3月1日は、お陰様で だいぶ満室に近いご予約状況ですが、まだ 一部プランでご予約をお承りできますので、ぜひ お見えくださいませ。

箱 根-観光. 釣り情報

箱根 湿生花園、3月1日オープンです!

仙石原にある『箱根 湿生花園』さんは、総面積3万㎡の広さの園内に、湿地帯の植物200種のほか 1100種の高山植物と 外国の山草なども併せて 約1700種の植物が四季折々に花を咲かせている、日本で初めての湿原植物園です。

毎年、冬の間は 一時 休園期間になり、3月に 再度 開園するのが、箱根のお山に春の訪れを告げる 風物詩となっています。

今年は3月1日(木)にオープンを迎えるそうで、3月1日から9日は 開園特別料金として、入園料金が割引価格になるんですって!

通常 大人700円・小人400円のところ、特別に 大人500円・小人300円でご入園できちゃいます♪

オープンのお知らせと季節のお花のご紹介は こちら→『箱根 湿生花園』さんイベントPDF

お花屋さんに並ぶような花ではなく、自然いっぱいの環境で自生してる植物や山野草の花は、とっても健やかな魅力に溢れています。可憐な花・逞しい花、様々な表情があり、興味深く見ていると 一日中でも過ごせてしまいそうになる場所ですが、園内のお散歩と展示室の見学で過ごす時間の長さは、短くて40分から 長くてだいたい2時間くらいかと思います。

ちなみに…私が こちらへ初めて伺った時は あまり時間がとれず、また、たくさん歩くには向かない靴で行ってしまったので、大丈夫かな?と心配だったのですが、健脚さん向けコースと 短めに回れるコースがあり、安心して園内を巡ることができました。(次からは ゆっくり過ごしたり、じゃんじゃん歩き回ったりしています。)

御々足にご不安がお有りのお客様、ヒールやサンダル履きの女性も、コースを選んで お愉しみになりやすいと思います。また、とっても可愛いらしい 珍しい種類のカエルや、野鳥などの生き物も たくさん居て、お子様とご一緒のお出かけにも お薦めです。

仙石原は 他にも美術館などの観光施設が多く、また、芦ノ湖にも近い場所です。箱根観光のコースの一環としては、マイカーでは もちろん・公共交通機関でも ご便利な所にありますので、ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

アクセスなど 詳しくはこちら→『箱根 湿生花園』さんHP

 

フロント 細川

 

 

 

 

 

 

 

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光

水しぶきパワー!

当ホテル 温泉露天風呂の向こう側にある『須雲川(すくもがわ)』の堰堤(えんてい)です。

こちらは 高さ 約20m程の滝のようになっている、小さめのダムのようなもので、この堰堤が作られる前は 暴れん坊な川だったのだそうですが、現在は 台風の時でも氾濫しない 優しい川になっています。

細かいミストが立ち、とっても爽やかなムード。

この川の流れは 澄んだきれいな水で有名で、初夏にはホタルもいるんですよ☆彡

過去のブログ記事→『目の前の川でホタルが見られます!』 こちらは、特に良く写っている写真を選んだら 何年も前の記事でリンクを張ってしまいましたが、その後も 毎年 ホテルの敷地内で見ることができていて、今年も 元気に飛び回る姿が見られる予測です!

 

マイナスイオンが出るという家電製品のブームに関して、その発生の有無や効果を証明するには難しい点があった など、真偽を問われる出来事もありましたが…

滝や渓流など 川の流れの激しい所では、水が岩にぶつかった摩擦で 岩がプラスに帯電し、水はマイナスに帯電する為、大気中に浮遊する水分子がマイナスの電荷を帯びた状態になるのは事実です。そして、水分子の集合体であるクラスターが大きい時は プラスイオンに、小さい状態だとマイナスイオンになるので、滝の水しぶきが霧状に立ち昇ているのは マイナスイオンたっぷり!な環境であると言えます。

効果に関しては、血液浄化作用・抵抗力の増進作用・自律神経の調整作用・細胞臓活作用の4つの作用があり、また、疲労の防止と回復・血圧の降下と鎮静・食欲増進や胃腸の働きを整える などの働きと、新陳代謝の活性化により 若々しさを保つ 老いない身体づくりに役立つ などの働きもあると言われています。

 

…と いろいろお話し致しましたが、そんな細かい事は考えずとも、

やっぱり川の流れを眺めるのは気持ちの良いものですし、それが 水質の良い川なら 尚のこと。疲れやストレスもやわらぐような 癒し効果があるような感じがして、また、豪快に水しぶきを上げる滝の近くに行くと 爽快な気持ちでリフレッシュでき 元気が出るような気がするのは、私だけではないのでは?と思います。

 

春は、お仕事や学業、ご家庭にも、様々な転機が訪れる お忙しい季節かと思います。春本番を前に、温泉で冬のお疲れを流し、水しぶきパワーで元気をチャージ!する旅に、ぜひ いらしてくださいませ。

 

フロント 細川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おくゆもと』からお知らせ

ショップ通信🌸桜の商品をご紹介🌸その3

毎週金曜日は、フロント前・売店より 人気の商品や 新入荷のお知らせ などなど…の情報をお送りする、【ショップ通信】の日です。

春限定の 桜の商品をご紹介!と言うことで、前回・前々回は お菓子についてお話しさせて頂きましたが…

今回は “ごはんのおとも” 部門より、こちらをご紹介させて頂きます。

『桜花のり佃煮』90g入り 400円(税別)です。

とろっと甘じょっぱい 海苔の佃煮に、桜の花の塩漬けをちりばめてあり、お味はもちろんですが、香りが美味しい逸品です。

きゅっと小さい瓶に入っていて、直径5.5cm×高さ7cm程のコンパクトさと、かわいらしい紙の飾り蓋が付いた姿、また 気軽なお土産にぴったりなお値段で、女性に人気です。

 

ほかほかご飯に のっけるだけじゃなく、ご飯を炊く時に 一緒に混ぜてから炊くと、磯の旨味がしっかりとご飯にしみて、また、桜の花が ふんわりと豊かに開いて、とっても美味しいですよ!

通常通りの水の分量で、お米1合に対して『桜花のり佃煮』を大さじ1杯くらい。炊き上がってから、刻み大葉や、市販品の塩ゆでえんどう豆など、青みを散らしても また 風味がぐっと引き立ちます。

特別な出汁などを入れなくても美味しく炊き上がるので、気になって調べてみたら、

海苔には、昆布にも負けないグルタミン酸、しいたけに匹敵するグアニル酸、何故か動物性のイノシン酸と、旨味成分が非常に豊富に含まれていて、この3つの成分が合わさった食品は 海苔だけなのだそうです。

また、「海苔は1日2枚で医者いらず」と 昔から言われているそうで、1枚は約3gなので「1日6gで医者いらず」という事になります。海苔佃煮だと 大さじ1杯で10g以上はあるので、その栄養を 手軽に たっぷりと 摂ることができるのです。お忙しい毎日をお過ごしの方々、育ち盛りのお子様にも、 “ごはんのおとも” に お薦めです。

 

売店の 桜の商品コーナーは、レジの近くの 目立つ場所にございます。春本番に向け、更に品目が増える予定ですので、ご滞在中に ぜひ お寄りくださいませ。

 

 売 店

御殿場で ショッピング&グルメを楽しもう♪

この時期、真っ白な富士山が美しく、どどーん!と大きく見えて 気持ちの良いショッピングモール『御殿場プレミアム・アウトレット』は、箱根のお隣り 御殿場市の高台にあります。

アウトレットは数あれど…ここは 日本最大規模のアウトレットモールで、箱根旅行の際に寄るご予定で見えるお客様も とても多くいらっしゃいます。

お買い物に関しましては、お気に入りのショップや狙っているブランドなど 楽しみ方が多岐にわたると思いますが、本日は このモール内でのお食事に関して お話しさせて頂きます。

 

3月25日(日)まで『御殿場産の食材を使った 期間限定スペシャルメニュー』という、いくつかのお店が参加している企画が行われています。お食事・スウィーツなど、何種類ものメニューがあり、名物『太陽チキン』の鶏肉を使ったお料理が 特に人気なんですって。『太陽チキン』は 地鶏銘柄の名前で、富士山の伏流水と澄んだ空気の抜群な環境で 広大な土地を駆け回り 元気いっぱいに育った鶏です。一般的な鶏の2倍くらい大きい体なんですよ。

また、御殿場特産の野菜『水かけ菜』 も、メニューに登場しています。富士山麓の湧水を掛け流して育てることから『水掛菜』と名付けられたそうです。数年前までは「水菜」と略して呼ぶ方々も多かったと思いますが、御殿場の飲食店や八百屋さんなどで「水菜」と言うと、全国的に「水菜」と呼ばれている あの野菜(京菜)とは違う物が出て来て驚いた!と言うお客様が多く、本名である『水かけ菜』と呼ぶように 地域ぐるみで活動して来たのだそうです。ちなみに、「京菜」よりも、もっと茎が太くて「野沢菜」っぽい感じです。(全てアブラナ科の仲間ですので、もともと似ているのですが…「京菜」より 青々しいと言うか 緑の栄養を感じる味で、「野沢菜」より 繊維が優しいと言うか シャキシャキと歯応えは良いけどゴワゴワとした筋が口に残らない感じで、とっても美味しいです♪)

 

メニューの一例は こちら→winter_menu.PDF

 

さて、冒頭でお話しさせて頂いておりましたが、このアウトレットモールは 富士山が良く見える事でも有名で、富士山ファンの方々には もちろん、海外からお見えのお友達と一緒に来られるにも、お薦めです。

 

モール内の地面に カメラのマークが描かれている所を見つけたら、そこは 富士山の写真を撮るのにぴったりな撮影スポットです!

 

アクセスなどはこちら→御殿場プレミアム・アウトレットHP

 

御殿場・三島・沼津

復刻カラーリングのベルニナ号

 

箱根湯本駅に停車中の『箱根登山鉄道1000形【ベルニナ号】(ベルニナⅡ)』です。

こんにちは、鉄子なフロントスタッフ 細川です。

 

2月15日のブログで、「箱根登山鉄道は 車体の色が2種類に分類でき、オレンジ色は3ケタの車号・赤い色は4ケタの車号、しかし、4ケタの番号にも 復刻版カラーリングのものが有る」と お話しさせて頂いていた…これが その 4ケタの番号でオレンジ色の車両です。

 

1984年の デビュー時がこの色で、その後、赤い色で2回塗り替えられ、そして また  2008年に創業120周年を記念して 最初のカラーリングに戻ったのです。

 

ちなみに…「ベルニナ」というのは、スイスとイタリアにまたがる山の名前です。箱根登山鉄道と姉妹鉄道提携を結んでいるスイスのレーティッシュ鉄道に ベルニナ線という路線があり、『アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観』は “国境を超える世界遺産”なのだそうです。

 

こちらは 連結部の写真、皆様がお住いの地域を走っている電車とは だいぶ様子が違うと思います。

箱根登山鉄道では、連結部分を通り抜けする事はできません。連結器の上に貫通路は 一応 有りますが、あくまでも非常用の通路で、幌も無く、普段は施錠されていて 立ち入る事ができないのです。

日本一の急勾配を登る山岳鉄道は その高低差だけではなく、急カーブが連続する険しい道のりを進む事にも 驚かれる方が多く、なんと!最小半径30mのカーブで 1両目と3両目の車両の角度が120度になる所もあるのです!!(過去のブログで お話しさせて頂いた事がありました。この中の2枚目の写真が その急カーブ通過中の様子ですが、これは 特別なイベント列車だったので 車内が暗い状態です。)その為、この貫通路の話の他にも 一般的な電車とは異なる部分が たくさん有ります。

山登りの列車ならではの 楽しさ、珍しい点について、などなど…ぜひ また、今後もお話しさせてくださいませ。

 

さて、こちらの写真は おまけ です。

同じく 箱根湯本駅ですが、小田急ロマンスカーが停まる1番線の特急ホームです。

アーチ型の側壁が美しい駅舎に 少し傾いた陽が射し、線路が鏡のようにきらめいて、とっても綺麗。

…と思って見ていたら、すごーく馴染み深い車が湯本大橋を渡って来ました。左端に写っている 青っぽいシルバーの車体に「おくゆもと」と書いてあるマイクロバスが 当ホテルの無料送迎バスです。

 

 

箱根の乗り物

駐車場の周りの雑木林に、

 

本日の写真は すごく見えにくいので、

赤と水色の線を書き加え、ご覧頂きたい部分を なぞってみました。

水色は 地面から立っている支柱、赤は電線です。

 

こちらも 同じように、

赤と水色の線で なぞってあります。

 

これは、当ホテル駐車場の周りの雑木林の中に有る、野生動物よけの電線です。

電線と言っても、感電して気絶する程の物ではありません、ちょっとピリッっとして驚かせる程度の物です。

駐車場内を移動中のお車や、第二駐車場へと続く車道などへ、野生動物が飛び出して 交通事故になってしまう事のないよう 予防する為のもので、「こっちへ来てはダメよ」と しつけ をするような感じなのだそうです。

 

通常では お客様がお立ち入りなさる事のないエリアである 雑木林の中と 業務使用の通路の周辺のみ に設置しておりますので、万が一にも お触りになる事はないかと思いますが、遠くからご覧になって 気になられる場合など、ご質問は フロントスタッフへお尋ねくださいませ。

 

箱根は国立公園ならではの 自然が豊かな土地ですので、様々な野生動物が暮らしています。当館の周りで見かけるのは、猿・狸・猪・ムササビ などです。猿は お昼間も見かけたりしますが、他は 殆どが夜間に活動するので、お客様方とは あまり出会う事が無いかと思います。

小さな動物達も含めて 交通事故の防止に努めて参りますので、他にもお気付きの点などがございましたら、ぜひ お知らせくださいませ。

 

 

 

『おくゆもと』からお知らせ

ご近所 観光情報・まつだ桜まつり♪

このポスターを大きいサイズで見るには こちらをクリックしてくださいませ→まつだ桜まつりPDF

 

こちら箱根は 足柄下郡ですが、お隣りの足柄上郡にある『西平畑公園(松田山)』は 関東の冨士見百景にも選ばれた絶景ポイントで、早咲きの桜が 山の斜面いっぱいに咲く事でも とっても有名です。

2月10日より3月11日まで、毎年恒例のイベント【まつだ桜まつり】が行われていて、桜の開花状況は 只今5分咲きくらいとなっております。

また、こちらは、菜の花の名所としても人気が高く、菜の花は 現在 ほぼ満開だそうです。

 

お車でお出かけの場合は、この期間中は 通常の駐車場の他に 臨時駐車場も用意されていますが、

本日は、電車でお見えの客様に よくご質問される事をお書きしたいと思います。

「この松田山への行き方をネットで見ると、

《小田急線新松田駅から徒歩約25分 もしくは JR御殿場線松田駅から徒歩約20分。桜まつり期間中はJR御殿場線松田駅からシャトルバス運行》と書かれていて、

JR御殿場線ではなく 小田急線で行きたいんだけど、小田急線の駅からでは シャトルバスは無いの?」

と ご心配される方が多くいらっしゃいます。

大丈夫です!小田急線新松田駅とJR御殿場線松田駅の間は 距離がたったの11m、徒歩16歩、1分もかかりません。

 

シャトルバスや駐車場に関してなどの詳しい情報は こちら→松田町HP

 

また、公園内にある『松田山ハーブガーデン』では、アロマキャンドルやバスソルトなどの手作り体験もでき、ご家族でお見えの方々で とても賑わいます。

桜と菜の花が綺麗なのは もちろん、富士山も見え、山の高台から見おろす町も美しい、とっても気持ちの良い場所。早春のお散歩やピクニックに お薦めです♪

箱根旅行の前後に お寄りになってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

神奈川県-観光

ショップ通信🌸桜のお菓子をご紹介🌸その2

 

毎週金曜日は、フロント前・売店より 人気の商品や 新入荷のお知らせ などなど…の情報をお送りする、【ショップ通信】の日です。

先週に引き続き、春限定の 桜のお菓子たちをご紹介させて頂きます。

 

本日 ご紹介させて頂くのは こちら、『桜まんじゅう』7個入り500円(税別)です。

温泉ムードいっぱいの かわいい湯桶形のパッケージに入っている、ほんのりピンク色のお饅頭。きめ細かな こしあんが丁寧に仕上げられています。

外箱の大きさは 直径16.5cm×高さ4.5cmで、お饅頭は 一つ一つが 直径約5cm程の大きさです。

 

駅前のお店などでは あまり見かけない商品で、他の商品に比べて 陳列が難しい(四角い箱形と違って積み重ねにくい)かな?と 仕入れる事を躊躇していたのですが…やっぱり このパッケージの かわいらしさは格別!また、機会があり 試食させて頂けた時に「かわいいだけじゃなく、とっても美味しい!」と思い、昨年の春に 初めて入荷したものです。おかげさまで大好評!限定生産で あまり多くを仕入れられない場合があるので、たまに 入荷が間に合わず、お帰りになられてから 宅急便でお送りさせて頂くお客様もいらっしゃる程の人気商品です。

 

職場へのお土産と言うよりも、お友達に・親御様へ・ご自分用にと お求めのお客様が多い、『桜まんじゅう』

ご来館の際に、ぜひ ご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 売 店

フォトジェニックな列車

箱根湯本駅で、久し振りに『箱根登山鉄道【氷河特急(グレッシャー.エクスプレス)塗色号】』を見かけました。

こんにちは、鉄子なフロントスタッフ・細川です。

 

先頭車両

2両目から3両目にかけてデザインされているクロス

クロスのアップと3両目
2000系【サンモリッツ号】の真っ赤なボディに 純白の連邦十字が眩しい、スイス国旗のカラーリングを施した、この3両で1編成しかない列車、【グレッシャー.エクスプレス号】です。

駅構内で撮ったので ちょっと暗くて、露出を上げたら 色がイマイチな感じになってしまいましたが…陽の光の中で見ると 一段と美しい、とてもフォトジェニックな列車です。

過去のブログにも掲載させて頂いておりましたが、この中で5枚目の写真が 私は特に気に入っています。→2014.07.19のブログ 

 

こちらは、2009年3月14日デビューの、スイスのレーティッシュ鉄道との姉妹提携30周年を記念して造られたもので、2010年5月24日には 天皇・皇后 両陛下がご乗車された、『お召し列車』になった車両です。それが、その後、普通に営業運行していて、指定席券なども必要なく 普通のキップだけで みんなが乗れるなんて!『お召し列車』に 私達一般人が乗れるのは、全国でも ここだけ なのではないかしら!?と思います。(他にも有ったら、すみません。)

名前が【サンモリッツ号】で【グレッシャー.エクスプレス号】で、ややこしいのですが…
スイスのレーティッシュ鉄道と姉妹提携を結んでいるので、そちらの地名にちなんだ【サンモリッツ号】が7両あって、その中の3両が 提携30周年記念で【グレッシャー.エクスプレス塗色】に生まれ変わったのです。

 

箱根登山鉄道には 6つの形式(モハ1形・モハ2形・1000形・2000形・3000形・3100形)が有るのですが、
ざっくり分けると、車体の色が2種類に分類できます。オレンジ色のグループ(モハ1形と2形の 3ケタの車号)の ベテラン組と、赤い色のグループ(1000形より3100形までの 4ケタの車号)の 若手組です。(4ケタの番号にも 復刻版カラーリングが一部ありました。)
オレンジ色グループの一番人気は、108【金太郎塗色号】(下に写真を掲載)
赤い色グループの一番人気は、本日の写真、2006・2203・2005の3両で1編成になっている『グレッシャー.エクスプレス塗色号』でしたが、近頃は 最新型の3000形・3100形アレグラ号も とっても人気です。

こちらが 108【金太郎塗色号】、前面のV字のカラーリングが 箱根に所縁の深い英雄『金太郎さん』の前掛けに似ているので、そう呼ばれています。

 

【アレグラ号】と、【グレッシャー.エクスプレス号】ではない方の【サンモリッツ号】の写真は こちら→2014.11.09のブログ

 

ちなみに、【サンモリッツ号】は 姉妹提携のスイスの駅の名前にちなんで付けられた愛称で、サンモリッツの町には、私の大好きな ヘップバーンの映画『シャレード』の舞台になったホテルや、彼女が愛したカフェなどが有るんですって。

 

今日の箱根は とっても暖かく、時折 吹く風は ちょっと冷たい爽やかな感じ、乗り鉄・撮り鉄 日和です♪

 

 

 

箱根の乗り物

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ