ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「2019年10月」の記事一覧

【本日 締め切り!】無料宿泊券 懸賞☆和モダン『すくも亭』をご用意♪

和モダン客室(和洋室)『すくも亭』のお部屋の、☆無料宿泊券 懸賞☆のお知らせです!!

ご応募の締め切りが 【本日10月31日となっております!!】ぜひ 奮ってご応募くださいませ。

上層階の和テイスト溢れるお部屋にツインベッドを入れた 和洋室です。

和室8畳と+和ベット付+広縁の和洋室タイプ。温泉付き内風呂からは外の景観がお楽しみ頂けます。

1・2枚目の写真は 温泉大浴場。すぐ近くを流れる『須雲川(すくもがわ)』の渓流のせせらぎを聞きながらご入浴をお愉しみ頂けます。特に これからの季節は 「五色(ごしき)の紅葉」と言われ 色とりどりに華やかになる『湯坂山(ゆさかやま)』を眺めながらのご入浴をお愉しみ頂けます。

 

こちらのお部屋の 無料宿泊券一泊二食付(52,800円相当)ペア1組2名様をプレゼントさせて頂く 懸賞です。ぜひ 奮ってご応募くださいませ。

【ご応募の受付期間は 本日2019年10月31日まで です】ぜひ お忘れなく。

■お部屋
上層階、和モダン『すくも亭』

■サービス内容
一泊二食付(52,800円相当)
★夕食、朝食共に食事処『山里』でお食事

■ご宿泊期間■
★2019年11月5日~2020年2月28日
★除外日:休前日、12月27日~1月3日
★※予約状況によりご希望に添えない場合がございます。ご了承ください

■ご当選人数
★ペア1組2名様★

■ご当選案内■
★ご当選者様には、宿泊施設より直接メールにてお知らせいたします

たくさんのご応募をお待ちしております。

☆無料宿泊券 懸賞☆のご応募は、こちらをクリックしてくださいませ。→楽天トラベル内 懸賞ページ

 

さて、この無料宿泊券懸賞ですが、

【ご当選のチャンスをつかむコツは…ズバリ!お申込みの口数です!!】ご家族の皆様・ご親族の皆様 お誘い合わせでご応募頂けますと、当選のチャンスがグッと広がりますので、ぜひ!ぜひ!!楽天IDをお持ちの方々 お揃いでご応募くださいませ。

皆様のご応募を、スタッフ一同 心よりお待ち申し上げております。

『おくゆもと』からお知らせ

箱根の観光施設(美術館・水族館・手作り体験工房など)、全て 営業中です!!

 

今回の台風19号で 被害を受けた地域の方々へ、心よりお見舞いを申し上げます。また、復旧の為にご尽力なさっている皆様、誠に有難うございます。 一刻も早く 皆様が安寧を取り戻すことができますよう、深く 願っております。

箱根はテレビなどの報道に多く取り上げられた為、全国の皆様よりご心配のお問合せ・多大なご厚情を賜り たいへん有難く存じ、深く心より感謝申し上げます。

当館は すぐ近くに『二級河川・須雲川(すくもがわ)』が流れているのですが、古くから 氾濫を防ぐ工夫がなされてあったおかげで 安全を保っていてくれ、また、温泉が自家源泉な為に 至近距離で湧いていて 供給管の損傷が無く、豊かなお湯を 以前と変わらずに得ることができています。

『須雲川』に関する詳しいご説明を 先日のブログに掲載致しておりますので、ぜひ ご覧くださいませ。→過去の記事

 

箱根町(神奈川県足柄下郡箱根町)の一つの町の中でも 地域ごとに状況は様々で、被害を受けたところの復旧は 日々 進んでおります。

画像の地図にございます 公共交通機関のうち、箱根登山鉄道は 運休が続いておりますが 代行バスにて目的地までのご案内がございます。また、バスは 一部 コースを変えての運行もございますが、ルートが拡大して参りました。マイカーでご通行して頂ける道路も だいぶ増えております。

 

交通情報をご覧になるのに 様々なサイトがありますが、私が 一番 使っているのは 箱根町役場のホームページです。バス会社・鉄道会社 などの情報と、道路の情報も、全て一覧で見ることができ、また、各 交通機関のサイトへ繋がるリンクもあるので、より細かな情報を得たい時にもご便利です。

ぜひ ご覧になってみてくださいませ→箱根町HP・交通情報のページ

 

さて、本日の話題ですが、

箱根の観光施設(美術館・水族館・手作り体験工房など)、全て 営業中です!!というご案内です。

台風の当日と その後数日は、休業・休館になっていた施設もございましたが、現在は 全ての施設が営業を再開し、順調な状態に戻っています。

代表的な施設は このブログでもよくご紹介させて頂いておりますが、他にも、ご旅行のお客様に 箱根での楽しいひとときをお過ごし頂く為の たくさんの施設が有り、その全てが 皆様のお越しをお待ち申し上げております。

観光施設の情報など、詳しくは こちら→箱根全山HP

 

当館でお目にかかれますと 嬉しいのは もちろんでございますが、お泊りはスケジュールが難しい方や 気軽に日帰り散策の方がお好きな方も 皆様、少しでも多くの方々に 箱根にお越し頂きたく、皆々様のお見えを お待ち申し上げております。

箱根全山への 皆様のご来遊を、心よりお待ち致しております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 神奈川県-観光. 箱 根-観光

箱根名物【黒たまご】、『仙石原の直営店』にて ご購入が可能です!!

「箱根名物=【黒たまご】!」と仰る方の多い、「1個食べると7年寿命が延びる!」と 延命長寿の縁起物として とても有名な 箱根のお土産の象徴、私達 箱根町民はもちろん・神奈川県民みんなの心の友 。

🌟【大涌谷黒たまご】販売が 『仙石原の直営店【くろたまご館4】』にて 10月1日より再開されています!!🌟

そして、その後、台風19号の影響により、箱根町内では 数か所の道路に通行止めの規制がございましたが、🌟現在では だいぶ通行可能な道が増え、現在は 箱根登山バスT路線が 芦ノ湖・桃源台~仙石案内所 間の運行を再開しておりますので、「南温泉荘」停留所の目の前にある『仙石原の直営店【くろたまご館4】』へのお出かけがご便利になりました。🌟

 

『黒たまご』は、温泉のお湯で茹でることにより 化学反応で殻が黒くなった『ゆでたまご』で、殻を剥くと 中は白い 固茹で状態になっています。
「殻の色が黒い!」「寿命が延びるんですって!」と言うことで有名なだけではなく、お味の美味しさでも 驚かれる方が多いのですが、普通のお湯で茹でるよりもうまみ成分が20%アップという研究結果が出ているそうです。

2019年5月より 9月末まで、大涌谷周辺(半径440mから530m)のエリアが立ち入り規制となっている為、製造を一時中断していた名物『黒たまご』の販売が、仙石原にある【くろたまご館4】(旧 ロッヂ富士見苑)で再開され、大涌谷の温泉池でゆであがった ホカホカの『黒たまご』が売店に並んでいます。

 

似ているもの(茶色の殻の「燻製たまご」など、それは それで 美味しいですよ!)は、当ホテルの売店でもお取り扱いしておりますし、箱根湯本駅前の商店街にも 多く並んでいるのですが…

本物の延命地蔵尊の縁起物の『黒たまご』は 大涌谷でしか作ることができませんので、お間違えにならぬようご注意くださいませ。

その本物の『黒たまご』大涌谷で作り仙石原のお店に運んで来て販売をしているのが【くろたまご館4】です。(立ち入り規制の間も ずっと 温泉池を維持管理し、温泉の成分が変わっていないため、以前と同じ出来栄えの『黒たまご』になっているそうです。)

 

この機会に、秋の箱根旅行で、ぜひ!ぜひ!!超有名なお土産物の『黒たまご』をご入手なさって頂きたいと思います。

 

『黒たまご』の美味しさの秘密など、詳しくは こちら→『大涌谷くろたまご館』さんHP

🌟仙石原のお店のアクセスなど、詳しくは こちら→【くろたまご館4】さんHP 🌟

 

神奈川県-観光. 箱 根-観光. 箱 根-飲食

天体観測&夜景ナイトツアー『箱根 宙旅(そらたび)』期間中は毎晩☆開催です☆彡

このブログでも 何度かご紹介させて頂いております

【箱根 駒ヶ岳ロープウェー】さんの、【天体観測&夜景ナイトツアー『箱根 宙旅(そらたび)』】の話題です。

このイベントが始まったばかりの頃は 土日祝日を中心に開催されていましたが、🌟この秋は なんと!期間中は毎晩 開催されています!!🌟開催期間は11月30日(土)まで です🌟

 

右手に 富士山・正面に 芦ノ湖・左手には 小田原から湘南一帯と相模湾を望む、箱根の駒ヶ岳は 標高1356m。

ふもとの箱根園駅から 駒ヶ岳頂上駅間までを 約7分間で一気に登る【箱根 駒ヶ岳ロープウェー】が運行されていますので、登山の装備が無くても、普段通りの服装や靴で、とても気軽に その絶景を愉しむことができます。

通常は 16時50分(下り)が最終便で営業終了となるのですが、

【天体観測&夜景ナイトツアー『箱根 宙旅(そらたび)』】が開催される日は、その後に 10便が増発され、駒ヶ岳山頂で星空を眺める事ができるのです☆彡(上り最終は 18:40分・下り最終は19:30です。)

*ご参加料金/おとな ¥2,000 こども( 小学生)¥1,000
※ロープウエー往復運賃込み・星座早見盤プレゼント付き

 

山が好き!星が好き!な皆様は もちろん、普段は 星を眺める時間が あまりお有りでない方々や、ご家族で・お友達と、などなど、たくさんの方にお勧めしたい、とっても素敵なツアーです☆彡

今までの開催時も 当館のお客様が多くご参加されて、とてもご好評でしたので、ぜひ お出かけになってみては いかがでしょうか?

 

アクセスなど、詳しくは こちら→箱根 駒ヶ岳ロープウェー】さんHP

 

未分類

夕暮れ時の虹🌈

【✨🎊『箱根ロープウェイ』全線運行再開!!🎊✨】となりました昨日は、久し振りの快晴のお天気に恵まれ、ロープウェイの窓から 標高の高い所ではだいぶ進んでいる紅葉や 初冠雪の美しい富士山など 素晴らしい景色をご覧頂けたそうです。(『箱根ロープウェイ』運行再開につきまして、詳しくは こちら→昨日の記事

そして、夕方に ほんの少しだけ パラパラっと お天気雨が降った後の雨上がりに、綺麗な夕焼けの空と を見ることができました。

1枚目の写真、薄いのですが、夕暮れ時の空に 大きな虹が出ています。当館8階の展望テラスより 東の空を眺めた写真です。

箱根の超人気な空中散歩の乗り物が 5か月ぶりに復活した日を祝福するかのような、“お空からの 素敵なプレゼント” って感じで、感動しました。

 

2枚目は、同僚に「え!虹?どこ???ほとんど 見えない…かな?」と言われてしまったので…野暮なこととは思いつつも、一応 矢印を付けてみました。

実際に見た時は もっと美しい虹だったのですが、見たままに撮れず 残念。しかし、全体的な色合いは 思ったよりも綺麗に撮れていて、驚きました。

 

また、西の空には なんとも不思議で なんとも美しい グラデーションが!

ほんの少しの時間の違いや、カメラの向きによる光の具合・ズームの度合いなどにより、様々な色に写り、とても幻想的なムードでした。

3~5枚目の写真は全て 西の空、ほぼ同じアングルですが、4枚目のみズーム機能を使っています。中央に見えている 仲良く並んだ二つの山は『二子山』。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』「ヤシマ作戦」のお話でご存知の方も多い この山は、当ホテルから見える 実在する山なのです。

作中では 二つの山の「どちらの山頂のことを言っていたの?」と よく お客様にご質問頂くのですが、その話題は 以前にこのブログに掲載させて頂いております→過去の記事

そして、この山は 芦ノ湖からもご覧になることができます。当館から見ている山の裏側と申しますか、山には どっちが表も裏も ないと思うのですが…一応、箱根町住民は、当館から見える方を「表二子」・芦ノ湖から見える方を「裏二子」と呼んでいます。(芦ノ湖には箱根神社さんがあるので、そちら側が「表」かと思いきや…東海道の起点は 日本橋にあることから、東京方面から見た側が「表」と言われているのかしら?などと思います。)

 

さて、箱根は「雨と霧の名所」と呼ばれており、雨の箱根も とても美しいのですが、やはり ご安全の為 また 観光のお客様のご便利の為には なるべく晴れてもらいたいと願っております。週間予報などを見ると、しばらく「概ね 晴れ」の天気予報となっていて、安心致しております。

 

公共交通機関の部分運休は、随時 復旧が進んでいます。また、マイカーでご通行して頂ける道路も だいぶ増えて参りました。

交通情報をご覧になるのに 様々なサイトがありますが、箱根町役場のホームページがご便利かと思います。バス会社・鉄道会社 などの情報と、道路の情報も、全て一覧で見ることができ、また、各 交通機関のサイトへ繋がるリンクもあります。

ぜひ ご覧になってみてくださいませ→箱根町HP・交通情報のページ

 

当館へのお泊りのみならず、日帰り観光も、箱根全山への 皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 

フロント 細川

箱根の空

【本日より『箱根ロープウェイ』全線運行再開】です!!

【✨🎊本日10月26日より、『箱根ロープウェイ』が全線運行再開となりました!!🎊✨】

大涌谷噴火警戒レベルが引き下げとなり、運行再開へと向かっていた箱根ロープウェイが、ついに 全面的にご利用して頂けるようになりました!!

詳しくは こちら→全線再開のご案内PDF

 

本日は、初冠雪のお化粧を済ませた富士山も とても綺麗に見えています!!(当館からは富士山が見えないのですが、芦ノ湖ウェブカメラで確認しました)

 

芦ノ湖の周辺など 標高が高い所では紅葉が始まっています!🍁」と このブログで何度かお話しさせて頂いて参りましたが…箱根ロープウェイは 当館がございます場所よりも500m~800m程高い山を通ります。

早雲山駅757m・大涌谷駅1,044m・姥子駅878m・桃源台駅741mですので、山々は だいぶ華やかに色づいています🍁。

そのうち、姥子駅・桃源台駅の間は 先月9月21日に運行再開していましたが、早雲山駅・大涌谷駅・姥子駅の間をご利用して頂けるのは5ヶ月ぶりです!!

『箱根ロープウェイ』は、年間のお客様の人数の多さでギネス世界記録を持つ、箱根の超人気な乗り物(しかも、ギネスブックに載った翌年に、自身の記録を更新して 再度 世界新記録をつくったのです!)。

(2008年度に 年間有料乗車人員 2,010,059人を記録、2009年度は さらに54,182人を上回る 2,064,241人を達成。)

 

箱根の超大人気🌟スター乗り物で、気持ちの良い空中散歩🎵お薦めです!!お泊りは スケジュールが難しい方々も、日帰り散策も、皆々様のお見えを 心よりお待ち申し上げております。ぜひ!ぜひ!箱根へ 遊びにいらしてくださいませ。

 

各駅へのアクセスなど、詳しくは こちら→『箱根ロープウェイ』さんHP

 

『おくゆもと』からお知らせ. 神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物. 箱根の植物. 箱根の空

芦ノ湖の『芦ノ湖遊覧船』&『箱根海賊船』運行再開しています!!

先日・20日のブログでお伝え致しましたが、

10月19日より、芦ノ湖の お船『芦ノ湖遊覧船』と『箱根海賊船』の運行が再開されました!!

 

乗り物大好き!芦ノ湖大好き!な 私は、運行再開の初日に 喜び勇んで、2社のお船 両方に、往復で乗船しに出かけて参りました。その時の写真を いくつか掲載させて頂きます。

さて、本日は『芦ノ湖遊覧船』の写真を…(『箱根海賊船』は 一昨日に掲載しております)。

 

『湖尻港』にやって来たのは『十国丸(じゅっこくまる)!!

待ってました!!芦ノ湖のリーダー!!みんなのボス!!芦ノ湖にある2社7隻の客船の中で、最も大きい337トンのお船です。

伊豆箱根鉄道グループさんの『箱根 芦ノ湖遊覧船』の中で 私が一番好きなお船です。

とても特徴的な形、二本足で湖上に立っている【双胴船】と言う型の船です。

【双胴船】の良い点は、なんと言っても安定性に優れているところです。揺れにくく、滑るように湖面を走るので、船酔いが心配な方には 特にお勧めです。

何度か このブログで詳しくお話しさせて頂いておりますので、ぜひ ご覧くださいませ。→過去の記事 その1その2

そして、その「滑るように…」というシーンの動画は こちら→ホテルおくゆもと公式Twitter 「威風堂々」って感じのムードです。

(写真1・2枚目は同じ船で、1枚目が 遠くから見たところ・2枚目が 水に接している二本足の部分をアップで見たところ です。)

 

 

『箱根関所跡港』に着くと【単胴船】『第二こま』が停泊していました。

後ろから見るとトビウオみたい。

前から見るとサンマみたい。

シュッと細くて、カッコイイ!!こちらの『第二こま』は、《周遊船》が主なお仕事で、ぐるっと回って帰って来る乗り方をする場合に ご便利です。

(写真3・4枚目は同じ船で、3枚目が 後ろから見たところ・4枚目が 前から見たところ です。)

 

こちら5枚目の写真は、右側は 3・4枚目と同じ船『第二こま』で、左側は 『あしのこ丸』です。

『あしのこ丸』【双胴船】で、ダイヤモンドみたいなフェイスラインが美しい「純白の乙女」(他社さんの特急列車の「白い貴婦人」みたいに、勝手に愛称をつけてしまっています)。

(6枚目の写真は、5枚目の左側の船をアップで撮ったものです。)

てっぺんのデッキにアーチ型のものが見えます。こちらは「Wish Bell 〜誓いの鐘〜」といって、ご乗船のお客様が ご自由に鳴らすことができるベルが付いています。

「湖尻から箱根園の間 九頭龍の朱色の鳥居が見える時に あなたが想うその気持ちを込めてウィッシュベルを鳴らそう」というもので、『九頭龍神社』さんは「縁結び」のパワースポット(人気ファッションモデルの梨花さんが「十年以上も通ってお参りし、ご主人とのご縁結びをしていただいた」とブログに綴ったことから、とっても有名になった神社さんです)。

船上から見える『九頭龍神社』さんの鳥居は 以前にこのブログに掲載しております。→過去の記事

 

この日は 『湖尻港』の方は晴れていたのですが、『箱根関所跡港』に近付くにつれ だんだんと美しい霧に包まれるようになり、港に降り立つと 辺りは真っ白!とても幻想的なムードでした。

箱根は「霧の名所」とも呼ばれているのですが、霧の中で 港に接岸するのは相当に難しいことだと思い、ドキドキして見ていました。船長さんは 濃い霧だってへっちゃらな慣れたご様子で、クールに操舵ハンドルを操っていましたが、しゅーっと・ぴたーっと・きっちり 港に着けた時には、思わず 胸の前で手を合わせ 小さく拍手!してしまいました。

 

【🍁芦ノ湖の周りは 紅葉が始まっています!🍁】箱根は国立公園ならではの多種多様な植物の「五色(ごしき)の紅葉」と言われ、赤・黄・橙など とても華やかな色合いになります。

また、その「五色の紅葉」は、一斉に真っ赤になり 一斉に終わってしまうタイプの紅葉よりも【見頃の期間が長い】のが嬉しいポイントです。
マイカー・バスのアクセスが復旧した芦ノ湖 へ、ぜひ お見えください。

美しい芦ノ湖に、カッコイイお船、その素晴らしさを もっとお伝えしたいのですが…私の下手な写真では、表現しきれません。ぜひ、ぜひ、プロカメラマンさんが撮った写真が満載のHPをご覧になってみて頂きたく思います。→『箱根 芦ノ湖遊覧船』さんHP

 

当館へのお泊りのみならず、日帰り観光も、箱根全山への 皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 

フロント 細川

 

箱 根-観光. 箱根の乗り物

11月3日は『箱根大名行列』のお祭りです!

箱根七湯発祥の地・箱根湯本温泉郷では、

毎年、文化の日である11月3日に 伝統的な『箱根大名行列』が、盛大に開催されます。

露払いを先頭に、六尺・挟み箱・毛槍・弓・鉄砲・徒士(かち)・小姓・大名・家老・大名駕籠・奥女中・腰元・長持など 総勢170名の箱根大名行列が、江戸時代の参勤交代をしのばせて 旧東海道や温泉街を約6Kmの距離を練り歩きます。

また、大名行列の前後には、小学生や高校生・社会人らのマーチングバンド、箱根湯本の「きらり妓(こ)」という愛称で呼ばれている 若い芸妓さん達、小田原北条鉄砲衆らもパレードして 大名行列を盛り上げ、全て合わせて400人もの華やかな行列になります。

 

その6Kmもの道のりの中では、どの場所も 楽しく大名行列を見物する事ができますが、特に お勧めポイントとして、湯本小学校・早雲公園前・湯本中宿付近・曽我堂上付近・片倉橋付近・鮎見橋付近・弥栄橋付近・湯本橋付近・箱根観光物産館・湯本大橋が「撮影に好適な場所」と言われています。

 

毎年、素敵なゲスト芸能人の方が ご参加くださる事でも有名な このお祭り、

今年のスペシャルゲストは、隣町・小田原 出身の「柳沢慎吾さん」です。

小田原っ子にとって 箱根は庭のようなもの「箱根湯本のためなら!」と 気合満点で、当日を楽しみにしていらっしゃるのだそうです。

縁深く、箱根への愛情が いっぱい!のゲストさんにお見え頂けるので、私達も とても嬉しく思います。

 

当日は、このパレードに伴い、時間帯ごとに 一部 交通規制が敷かれます。ご旅行でお見えの皆様には ご不便をおかけし、申し訳ございませんが、ご協力をお願い致します。

交通規制に関するPDF→ 大名行列・交通規制

コース案内など、詳しくは こちら→箱根湯本観光協会HP

 

ご旅行の前後、ちょっと寄り道に、皆様で、ぜひ 楽しんでいらしてくださいませ。

 

箱 根-観光

芦ノ湖の『箱根海賊船』&『芦ノ湖遊覧船』運行再開しています!!

先日・20日のブログでお伝え致しましたが、

10月19日より、芦ノ湖の お船『箱根海賊船』と『芦ノ湖遊覧船』の運行が再開されました!!

 

乗り物大好き!芦ノ湖大好き!な 私は、早速 再開初日に、2社のお船 両方に、往復で乗船しに出かけて参りましたので、その時の写真を いくつか掲載させて頂きます。

では、本日は『箱根海賊船』の写真を…(『芦ノ湖遊覧船』は また後日に掲載いたします。)

 

待ってました!!ビクトリー号の登場です!!

霧雨降る『元箱根港』から、今やベテラン船(2007年デビュー)のビクトリー号に乗り込みました。

前方は 真っ白な美しい霧。箱根は「霧の名所」とも言われていて、霧を お初めてでご覧になるお子様達は びっくり!と 喜んでいらっしゃいました。

『桃源台港』で待っていてくれたのは、最新型・クイーン芦ノ湖号。

左が 私の乗って来たビクトリー号、右がクイーン芦ノ湖号の、2ショット。

たくさんの観光のお客様が記念写真を撮っていらっしゃいました。

 

ちなみに、先日・21日のブログ「芦ノ湖の周りは 紅葉が始まっています!」と掲載した時の 湖岸の木々の写真は、あまり霧がかかっていない状態なのですが、『元箱根港』から『桃源台港』へ進む間に ぐんぐんと霧が晴れて来て、空模様はだいぶ変わりました。

 

美しい芦ノ湖に、カッコイイお船、その素晴らしさを もっとお伝えしたいのですが…私の下手な写真では、表現しきれません。ぜひ、ぜひ、プロカメラマンさんが撮った写真や動画が満載のHPをご覧になってみて頂きたく思います。→箱根海賊船さんHP

 

当館へのお泊りのみならず、日帰り観光も、箱根全山への 皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

 

箱 根-観光. 箱根の乗り物

『けいりゅう亭 客室』再リニューアル致しました!

今年3月にリニューアルオープンした新客室『けいりゅう亭』露天風呂付ツインベッドルームのお部屋を、先日 再リニューアル致しました!!

 

3階 川側4室限定の、ツインベッド和モダンタイプのお部屋です。縁のない正方形の畳・琉球畳の落ち着いた印象の本間にベッドを2台入れ、和洋折衷のお部屋に仕上げました。

 

窓際には広縁にイス・テーブルのゆったりとした時間を過ごせる応接セットをご用意し、腰掛けながら箱根の自然をお楽しみ頂けます。

 

今回、浴室の改装を加え、再リニューアルオープンとさせて頂きました。

こちらの浴槽を、

こちらの 大きい物に入れ替え、より一層 天然温泉のご入浴を ごゆるりとお愉しみ頂けますよう ご用意致しました。

露天風呂浴室に設置の大きな窓は 全開することができ、須雲川の渓流のせせらぎを聞きながらご入浴をお愉しみ頂けます。

 

こちらの露天風呂は、泉質は大浴場と同じ「アルカリ性単純温泉」お肌スベスベ、ポカポカの温泉です。

 

当館では 様々なタイプのお部屋をご用意しており、そのどれもが永年に亘り皆様にご愛顧を賜る 自慢のお部屋ばかりでございますが、一番新しく加わりましたこちらのお部屋も たくさんのお客様の素敵な思い出づくりのお手伝いができますようにと願っておりますので、ぜひ お引き立て賜れますよう どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ツインベッドのお部屋ですが、お布団を併せまして3名様でのご利用も可能でございます。

当公式ホームページでは ♪♪山里プラン(スタンダード)♪♪ にてご予約をお承りさせて頂いております。

ホテルおくゆもと スタッフ一同、皆様のご予約を 心よりお待ち申し上げております。

 

『おくゆもと』からお知らせ

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ