ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「箱根の植物」の記事一覧

箱根のあちこちで バラの花が見頃です!

春の箱根では、国立公園ならではの 山々に自生する自然の植物たち・山野草たちも 花盛りの時期を迎えていますが、

人気の観光施設では、丁寧に手入れされ 豪華な大輪の花を咲かせた ファビュラスな美しさの薔薇たちが 只今 見頃となっております。

バラは 年に2回、春と秋に見頃の時期がございますが、箱根では 例年5月中旬~6月末頃までが春の最盛期となっております。(そして、秋は9月中旬~10月中旬頃に 再び見頃を迎えます。)

 

そこで、本日のブログでは、箱根の 綺麗なバラを鑑賞することができる観光スポットを いくつかご紹介させて頂きます。

 

🌹【星の王子さまミュージアム】さん(仙石原)

サン=テグジュペリ作『星の王子さま』のお話に登場する赤いバラ(星の王子さまは、自分の小さな星に咲くちょっとわがままな一輪の花を大切に育てていますが、地球の砂漠で出会った庭に咲き揃うバラだったことを知ります。)を主役に、様々なバラが美の共演をしています。「サンテグジュペリ」という名前を冠した品種のバラのほか、25品種約47株のバラが、誇らしげに咲き競っています。

 

🌹【箱根ガラスの森美術館】さん(仙石原)

まるで中世ヨーロッパ貴族の庭園のような園内には「ヴェネチアン・グラス美術館」やミュージアムショップ、水車小屋などのエキゾチックな建物に囲まれた 素敵な庭園が広がっています。「クレオパトラ」「ジョセフィーヌ」など、ヨーロッパの王妃たちの名を持つバラをはじめ、約200種3000株のバラたちが高貴な香りを振りまいています。

 

🌹【箱根強羅公園】さん(強羅)

皇室ゆかりのプリンセスの名前を頂いた「プリンセス ミチコ」「プリンセス アイコ」「プリンセス サヤコ」「プリンセス ヒサコ」などの品種のバラが 上品な風情で花開いています。また、ヨーロッパ王室のプリンセスの名を頂いた「プリンセス ドゥ・モナコ」「アントワネット」なども咲き、その高貴で気高い美しさは「一見の価値あり」と 有名です。西門近くの音楽堂下に広がるローズガーデンに約140種1000株のバラが咲いています。

 

新緑の眩しい箱根で 様々な植物を愛でる旅に、一際 華やかな思い出となる薔薇園でのお散歩、とってもお勧めです。ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

(ブログ担当者は、薔薇の花を見ると、「私はバラのさだめに生まれた」と口ずさんでしまったり、アンソニーとの出会いを期待してしまったり、また、エドガーが茎をポキポキしながらアランを連れて現れないかしら?と思ってしまう世代です。)

 

箱 根-観光. 箱根の植物

ミズキの花、開花が更に進んでいます。

先日、「当ホテル敷地内のミズキの花が咲き始めました!」と このブログに掲載させて頂いておりましたが(→過去の記事)、その後 どんどんと開花が進み、現在は 真っ白・黄緑色っぽい白・生成り色っぽい濃い白 など… 様々な白色の花がたくさん咲いています。

箱根にはミズキの木や ミズキの仲間の植物が多くございます。桜の後で アジサイの前 の この時期、箱根の山々を華やかに飾ってくれる花のひとつとしても有名で、1本の木に 数え切れない程の多くの数の花を咲かせるので、ミズキは とっても存在感のある植物です。

こちらは 当ホテルのお庭『木陰の広場』、いつもは この下の地面に立って写真を撮るのですが、今回は ホテルの建物の中からの上からのアングルで撮ってみました。右側の手前の木と 中央奥の木が ミズキの木です。

では、本日は『ミズキ写真集2019』と題しまして、写真多め・言葉少なめで、ミズキの写真を どんどん掲載して参ります。

中には 手前に他の木が有って ミズキの花がご覧になりにくい写真もございますが、そこは ご愛敬。自由にのびのびと育った植物たちですので、その新緑の木々も併せて ご鑑賞くださいませ。

 

1枚目の写真の 中央奥の木の近くに行って眺めたところ。

更に近くへ行き、ズームしてみました。

 

こちらは、フロント前・ロビーから見える景色。

同じ木ですが、別のアングルから見たところ。

 

第二駐車場の近く、左奥の方の木がミズキの木です。

ズームして撮ってみました。

 

…と、ミズキづくし で お送り致しましたが、

当ホテルには『みずきの間』と申しますお部屋がございまして、そちらは 庭園露天風呂付き最上階のお部屋です。テレビ番組の撮影などに使われることも多いお部屋ですので、ぜひ 併せましてご覧くださいませ。

『みずきの間』ご紹介ページ

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物

ミズキの花が咲き始めました

当ホテルのお庭『木陰の広場』に、ミズキの花が咲き始めました。ここ数日の間に咲き始めたばかりで、この先 5月半ばから6月にかけて、小さくて真っ白な花が すごくたくさん咲きます。

1枚目の写真の 中央に背の高い木がございますが、その奥の所にある木(写真の中では 半分よりちょっと下の高さくらいに写っている木)が ミズキの木です。

近くで見上げると、黄緑色に見える程に若い白と申しますか、ちょっとご覧頂きにくいのですが 2枚目の写真の中央より少し上の所に 花が咲いているのです。

ズームで撮ってみました。葉っぱの上に にょきっと顔を出しているのが ミズキの花です。

 

こちらは『はなみずき』とは違う『くるまみずき』です。箱根には『はなみずき』の木も多くあり、『やまぼうし』なども含めて ミズキの仲間の植物が多いです。

「ミズキは 水の木」なのだそうで、幹にたくさんの水を蓄えています。その為、火をつけても 燃えないのだという噂です。そのお話しと、最盛期の花の写真を以前の記事に掲載しておりますので、宜しければ ご覧くださいませ。→過去の記事

ミズキが咲き始めると、また一段と 箱根の山々は賑やかな彩りになって参ります。この時期ならではの 新緑とたくさんのお花たちを愛でる旅に、皆様お揃いで ぜひ お見え頂きたく思います。

 

さて、ラストの写真は、おまけ です。
『木陰の広場』にある切り株ですが、ちょうど真ん中の所に ひょっこりと 小さな野の花が咲いていて、なんだか とっても かわいかったので…。
フロント 細川

 

箱根の植物

ツツジの名所・箱根!見頃を迎え始めました。

先日のブログで「ホテル敷地内のツツジが咲き始めました」とお伝えしておりましたが、その後 続々と開花し、だいぶ賑やかになって参りました。

この1枚目と2枚目の写真は、当館の駐車場入り口(東海道の旧街道【神奈川県道732号・湯本 元箱根 線】から坂道を降りて来て頂く所)に並んでいるツツジたち。まだまだツボミもございますので、これからが楽しみです♪

 

また、私達 おくゆもとスタッフの通勤の道にも、たくさんのツツジが咲いています。3枚目の写真は、県道732号添いのツツジの花。ずらりと並んでいる所がございます。

 

さて、箱根は『ツツジの名所』としても有名。只今、箱根全山のあちこちで、徐々に 見頃の時期を迎え始めました。

4枚目の画像は、小涌谷にある『蓬莱園』さんのツツジ、5月2日の状況。

5枚目の画像は、強羅駅の少し上にある『強羅公園』さんのツツジ、こちらも5月2日の状況です。

箱根は「神奈川県足柄下郡箱根町」という一つの住所の町の中でも 標高差が激しく、こちら箱根湯本は標高が100~200m程、強羅で500m程、小涌谷で600m程、芦ノ湖で700m超え、大涌谷は1000m以上もございますので、お花の見頃時期が それぞれ異なって訪れます。

そして、最盛期がやってくると、そこからが とても長い間、美しく咲き続けてくれる日々が続きます。

各地の開花状況につきましては、町のポータルサイトに 随時 情報がございますので、ぜひ ご確認くださいませ。

『箱根ナビ』さんHP

 

春の箱根で、ツツジのお花見を愉しむ旅に、ぜひ 皆様お揃いでお見えくださいませ。

 

未分類. 箱 根-観光. 箱根の植物

タケノコが 竹になる、変化の途中…。

当ホテルの敷地内で見つけました。

私より背が高い、タケノコ? 竹?

春の息吹と言うか、ぐんぐん成長する 生命力!すごいバイタリティを感じます。

このタケノコ、角度を変えて写真を撮ると、このような位置に生えています。

2枚目の写真の 右下にタケノコ。中央の木は、上の方に ほんの少しだけ花が残っている『シダレザクラ』。その向こうに 当ホテルの建物が見え、左下の所には ホテルと箱根湯本駅を結ぶ 無料送迎バスが停まっています。

シダレザクラが満開だった時の様子は こちら→過去のブログ

 

この近くには 梅の木もございます。

毎年2月頃に濃いピンク色の花を咲かせる梅で、久し振りに見上げたら 小さな実がたくさん生っていました。

梅の花が咲いていた時の様子は こちら→過去のブログ

 

ホテルの敷地内で、様々な植物たちが 季節の移り変わりと共に変化しています。ご来館の際に ぜひ ご覧くださいませ。

 

春の大型連休も後半に入り、この先は しばらく 概ね晴れの天気予報となっております。連日、道路や公共交通機関に お混雑が出ております。どうぞお気を付けてお見えになり、観光や散策をお愉しみくださいませ。

 

フロント 細川

 

箱根の植物

ホテル敷地内のツツジが咲き始めています

淡いピンク色と白のツツジが咲きました。右手には 最盛期は過ぎましたが まだ頑張ってくれているシダレザクラ、奥にはホテルの建物が見えています。

紫色っぽい小ぶりの花も、

白い中くらいの大きさの花も、

濃いピンク色の大きな花も、

続々と開花しています。

 

箱根にはツツジの名所が多く、また、芦ノ湖の周りなどには シャクナゲも多くあります。

当ホテルで 只今 咲き始めたばかりの状態ですので…ツツジの名所の多くは 標高の高い場所にあり、見頃は もう少し先になります。例年、5月の半ば頃が 最盛期になっているかと思います。

箱根の町全体で ツツジが美しい季節を迎える頃に、また このブログでも 見どころ情報などをお伝えさせて頂こうと思います。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物

ヤツデの実が たわわに実っています。

当ホテルの第二駐車場の脇にある ヤツデの木。背の高い木で、近くに立つと、良く晴れた日には 陽に透ける葉と重なっている葉の緑色の濃淡が美しい様と 木洩れ日を見上げることができます。

この木に花が咲いていた時の様子を 以前に掲載したことがございましたが(→過去の記事)、現在は 垂れ下がる程に重そうな たわわな実が生っています。

春の繁殖期で活発になっている鳥たちに食べてもらえるように、もうすぐ 濃い紫色の目立つ色に変化してゆきます。

 

さて、本日は、あと二つ このブログに写真を掲載した植物たちの その後の様子をお伝えして参ります。

先日、モミジのツボミと 咲き始めたばかりのドウダンツツジの写真をお載せしておりました(→過去の記事)が、

モミジは、超ミニチュアのホオズキみたいな形だった ツボミが開花し、黄色っぽい雌蕊の先が出て来ています。

また、前回は まだ黄緑色っぽい程に若かった ドウダンツツジの花は、すっかり濃い白に変わっています。逆さまにしたカチョカバロチーズみたいで、かわいいです。ツツジ科の植物ですし、名前にもツツジという言葉がはいっていますが、葉と茎にはツツジらしさを感じるけど、花の部分は ツツジとは縁遠そうな 本当に不思議な形をしている植物です。

 

昨日は ちょっと暑いくらいの気温でしたが、本日は また少し涼しくなりました。時折吹く風に サワサワと木々の葉が揺れて、とても爽やかなムードです。

これから箱根旅行にお見えの皆様、週末で 交通のお混雑が予想されています。どうぞ お気を付けてお越しくださいませ。

 

フロント 細川

 

箱根の植物

アオキに 花が咲きました

黄緑色の柔らかな若葉を ぐんぐん伸ばしているのは『アオキ』の木。一年中 逞しく茂り続ける 常緑樹で、幹まで青々とした 濃い緑色なのが名前の由来だそうです。

陽の光に透ける程に薄い葉が まっすぐに空を目指している姿は、とても美しいものです。

当ホテルの駐車場の周りには『アオキ』の木がたくさんあり、真っ赤な実が生っていた時の写真を このブログに掲載させて頂いたことがございますが(→過去の記事)、現在は、一瞬 見逃してしまいそうな程に すごーく小さい 花が咲いています。

遠目にみると 茶色のようにも見えるのですが、アップで撮ると 紫色に写りました。

雌雄異株の単性花で、こちらは雄花です。5ミリくらいの すごーく小さい花、その小ささは可愛らしいのですが、シックな色の4枚の花弁が十字に開き、クールな カッコイイ印象です。

 

近くには『著莪(シャガ)』も たくさん咲いています。

別名で『胡蝶花』とも呼ばれる、とてもファビュラスな花。

この花が好きで よく写真を撮るのですが、へっぽこな腕前なので、暗いとピントが上手く合わせられなかったり、明るいと白飛びしてしまったり、なかなか綺麗に撮ることができず…やっとこさ写ってくれた一枚です。

 

そして、ラストの写真は おまけ。

連日お伝えして参りました 当ホテルのシダレザクラ、夜桜バージョンです。

満開になってから けっこう長い間 その美しい姿を鑑賞できる木です。夜は「ライトアップ」という訳ではないのですが、ちょうど外灯があり ほんわりと照らしてくれています。ご来館の際に ぜひ ご覧くださいませ。

 

フロント 細川

 桜 『開花情報』. 箱根の植物

シダレザクラ・ヤマザクラが 満開です🌸

当ホテル・駐車場の脇にございます シダレザクラとヤマザクラが、只今 満開となっております。

ピンク色の小さめの花が可愛い、『枝垂桜(シダレザクラ)。

 

とても背の高い木に白い花が咲いている、『山桜(ヤマザクラ)』。

2枚目の写真の中で 右の方の木(拡大したのが3枚目の写真です)は 満開になっています。

左の方の木は 山桜でも少し種類が違うのか?花も咲いていますが、同時に 赤っぽく見える若葉の方が 花よりも多く出ていて、ちょっと花が見えにくい状態です。

 

駐車場の周りには 小さな野花もたくさん咲いています。

長細い ちょっと不思議な形の花、『紫華鬘(ムラサキケマン)』。

(手前と右側に写っている長細い葉は『著莪(シャガ)』の葉です。シャガも 少しずつ咲き始めていますが、なかなか上手く写真に撮ることができず…。また チャレンジしてみます。)

 

フロント 細川

 

 桜 『開花情報』. 『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物

モミジの ツボミと新芽が綺麗です

新緑が眩しい、爽やかな季節。春の箱根では、様々な植物たちが 新たな葉を伸ばしています。

やわらかな化粧筆のように しなやかに風に揺れていた黄緑色の新芽は、『モミジ』の葉です。

その先には 赤い小さいツボミがたくさん付いていました。もうすぐモミジの花が咲き始めます。

そして、ひと月ほど経つと 面白い形の種ができるので、そちらも とっても楽しみです。

昨年の種の写真は こちら→過去の記事

 

また、ご近所ではは『満天星』も咲き始めました。『満天星』と書いて『ドウダン』と読み、また この漢字三文字だけで『ドウダンツツジ』とも読むのだそうで、別の漢字表記では『灯台躑躅』と書く、ツツジの仲間の木。

スズランみたいな、小さな 小さな とても可愛らしい花です。

 

野鳥たちも とても賑やかで、特に早朝に聞こえるウグイスの声は とても美しく、国立公園ならではの自然の素晴らしさを感じます。(今年のウグイスは、最初の たどたどしい練習の声をあまり聞かなかった…最初から上手に鳴いていたような気がします。)

 

フロント 細川

 

 

箱根の植物. 箱根の生き物

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ