ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「神奈川県-観光」の記事一覧

箱根旅行と併せて「GoToトラベル対象『わくわくバスツアー』」はいかがですか?

『GoToトラベルキャンペーン』では 私共のような宿泊施設でのご利用の他に、『日帰りバスツアー』などのご旅行商品でも 給付金をお使いになることができます。

そこで 本日は、「GoToトラベル支援対象 箱根登山バス『わくわくバスツアー』」をご紹介させて頂きます。

景色が良く見えて 乗っているだけでも楽しい大型観光バスでドライブ♪

お一人様2席ご利用で お隣りとの距離をとって ゆったり空間でお過ごしになることができます。

「GoToトラベル支援対象 特選3コース」には 全てのコースにバスガイドさんの添乗があります。

箱根湯本駅の駅前からご乗車になることができるので、当館をチェックアウトなさってからのご参加にも とってもご便利です!!

「三嶋大社と沼津港京丸の うなぎ」「大山詣り・豆腐料理と 服部牧場バター作り」「旬の味覚ぶどう狩りと 国宝ぶどう寺」の3コースです♪

詳しい内容は チラシをスキャンしてみましたので、ぜひ ご覧くださいませ。

わくわくバスツアー チラシ1わくわくバスツアー チラシ2

 

そして、このチラシの裏面には 貸切バスの感染症予防対策について書かれていました。

貸切バスは換気が優れた乗り物です チラシ

バスは すごく換気が優れた乗り物で、なんと約5分間で社内の空気を入れ替えることができるのだそうです!!

消毒などの対策をされているのは もちろんのことですが、何より 換気の良さは 本当に嬉しいことですよね!!

あとは マスクの着用・検温・手指消毒など…GOODマナーでのご利用で、乗り換えが難しい観光スポットや 徒歩では大変な人気の景勝地にも らくらく♪快適に行くことができるので、観光バスのツアーは とってもお勧めです!!

 

箱根へのご旅行と併せて、ぜひ ご利用になってみられてはいかがでしょうか?

 

お申込み先の掲載と バスの換気実験映像もご覧になることができるページは こちら→『箱根登山 貸切バス』さんのブログ

御殿場・三島・沼津. 神奈川県-観光. 箱根の乗り物

箱根から ちょっと寄り道、さがみ湖の近くで『空中アスレチック』は いかがですか?

当館よりお車で50分程の場所、都心からも1時間足らずで行ける 神奈川県 相模原市・相模湖の森にある アウトドア複合リゾート「 さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト 」「パディントン タウン」に、

お子様たちが自由 に 思いっきり 遊べる空中アスレチック「 ハッスル スパイダー 」が 最近NEWオープンしました!!

「ハッスル スパイダー」は、カラフルな鉄柱間に張られたネット上のアクティビティを“自由”に思いっきり楽しめる空中アスレチックです。

空高く広がる約2000㎡の空間に、ジップラインで滑空を楽しむ「スカイジップ」や クモの巣のように張られたロープをよじ登る「スパイダーズネット」などの(わたる・くぐる・のぼる 、はねる)全20種類のアクティビティがあります。また 、全コースがセーフティネットに囲まれているので、落ちる心配もありません。ハーネスをつけずに“安全”に空中遊びが体験できます。

さらに、トランポリンのような2か所のネット広場を分岐点にアスレチックコースを選択できるので、自分だけの遊び方で ご自由に楽しむことができます。
スポーツの秋♪お子様たちの大好きなアスレチックで、思いっきり!遊びたい!!とお考えのファミリー様にお勧めです。

箱根旅行の帰りなど、ちょっと寄り道…素敵なひとときをお過ごしになってみられてはいかがでしょうか?

 

詳しい情報は こちら→『さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト』さんHP

 

神奈川県-観光

『箱根ジオパークフォトコンテスト』旅の思い出写真で ご参加はいかがですか?

「第5回箱根ジオパークフォトコンテスト」開催中です!

「ジオがもたらす自然の恵みと歴史や文化、またその恩恵を受けて暮らす人と動植物との関係を伝えるもの」をテーマに3部門で箱根ジオパークの魅力を表現した写真を募集しているコンテストです。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真で お気軽にご応募できるので、ぜひ 旅の思い出写真で ご参加なさってみられてはいかがでしょうか?

 

1 ご応募期間
令和2年8月22日(土)~令和3年1月12日(火)

2 部門
(1)地形・地質(ジオ)部門

パノラマ風景(山・川・海)、岩石や露頭(地層の見える場所)

(2)動物・植物(エコ)部門

四季折々の花や木、魚・鳥など 箱根ジオパークで出会った動植物

(3)歴史・文化(ヒト)部門

歴史的建造物、町の風景、ジオパークに暮らす人々の姿、お祭りの様子

3 各賞
(1)最優秀賞 1点(賞状、副賞)
(2)優秀賞  各部門1点(賞状、副賞)
(3)特別賞  2点(賞状、副賞)
(4)エリア賞 各エリア1点(賞状、副賞)
(5)佳作   30点(副賞)

4 応募方法
コンテストサイトの応募フォームから必要事項を記入し、ご応募ください。
コンテストサイトへはこちらから

写真がご趣味の方は もちろん、コンテストはお初めての方々も、ぜひ チェックなさってみて頂きたく思います。

昔は「 写真コンテスト」というと その為にご自分で現像する方も多く、また どの作品を応募するか?たくさんのネガフィルムとにらめっこして選ぶイメージがありましたが…最近は JPEG形式のデータでご応募が可能なので、ご参加し易くなっていて 嬉しいことです。

当館のブログ担当者も 参加させて頂きたく、写真データを見直しているところです♪

神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング

『ミュージアム フリーパス』9月1日より限定発売です!!

2020年9月1日(火)から10月31日(土)まで、『ミュージアムフリーパス』が小田急箱根グループさんより 6000枚限定で発売されます。箱根で複数の美術館を自由に入退館できる券の発売は 初の企画です!!

この『ミュージアムフリーパス』は、箱根の周遊券「箱根フリーパス」をお持ちのお客さまを対象に発売するものです。有効期間中に、箱根山内にある人気の6美術館※を何度でもご利用いただける大変便利な企画券です。

※対象の6美術館

☆箱根ガラスの森美術館 ☆ポーラ美術館 ☆星の王子さまミュージアム

☆箱根ラリック美術館 ☆彫刻の森美術館 ☆箱根・芦ノ湖 成川美術館

 

箱根登山鉄道の有人各駅や箱根登山バス各案内所などで2日券・3日券の2種類を発売することにより、ご旅行の最中などにお客さまのごプランに合わせてお買い求めいただけます。さらに、全6美術館をお巡りいただいた方には、コンプリート賞として素敵なプレゼントがご用意されているそうです♪

全ての美術館に通常料金でご入館なさった場合のお金額の合計は 大人お一人様9,300円です。

それが、2日券は大人3,600円(小学生までのお子様1,500円)・3日券は大人4,200円(小学生までのお子様1,800円)と、とっても お得になっています!!

 

ご案内チラシをスキャンしてみました→ミュージアムフリーパス チラシ表ミュージアムフリーパス チラシ裏

 

↖こちらは「箱根ゴールデンコース」の ご案内マップ、楽しい乗り物を いくつも乗り継いで 箱根をぐるっと一周できるコースです♪

小田急箱根グループの周遊ルート「箱根ゴールデンコース」が 今年で60周年を迎えます。そして、昨年秋の台風19号以来 長期に亘り運休となってしまっていた箱根登山鉄道(箱根登山電車)が7月23日に全線で運転を再開したことで 復活を遂げました。

箱根登山鉄道 全線運転再開記念!&「箱根ゴールデンコース」60周年記念!の 特別企画で 超お得♪なチケットです!

ぜひ、この機会に、『ミュージアムフリーパス』を活用して、箱根の美しい風景とともに個性豊かな美術館をゆったりと巡る箱根周遊をお楽しみ頂きたく思います。

 

詳しくは こちら→『ミュージアムフリーパス』HP

箱根の周遊券「箱根フリーパス」に関するご案内は こちら→箱根ナビHP

神奈川県-観光. 箱 根-観光. 箱根の乗り物

箱根の景色や 小田急沿線の景色の バーチャル背景、おすすめです!!

皆様は  WEB会議やオンライン飲み会など、映像で どなたかとお会いになる機会は多いですか?

当館では、会議は 昔ながらのスタイルですが、ソーシャルディスタンスで行っております。

スタッフ達の私生活では 友人との会話などをオンライン映像で楽しんでいる者も多く、「便利な時代になったものだなぁ」と ありがたいことだと思います。

 

そこで、本日は、『箱根の美しい景色や 小田急沿線の景色の バーチャル背景』をおすすめさせて頂く話題です♪

『小田急の背景』というタイトルで、たくさんの素敵なバーチャル背景があるサイトです。

小田急電鉄さんの大人気!「特急列車・ロマンスカー」の写真や、

グループ会社の「箱根登山鉄道」の景色など、

箱根にまつわる風景が いっぱい!

 

また、

小田急沿線の風景では、「江の島シーキャンドル(展望灯台)」の写真もあります♪

 

バーチャル背景としてだけでなく、パソコンの壁紙に使っても素敵です!!

 

こちらのサイト→『小田急の背景』よりダウンロードできますので、他の種類も ぜひ ご覧になってみて頂きたく思います。

未分類. 神奈川県-観光. 箱 根-観光. 箱根の乗り物

箱根のお隣り 城下町小田原をめぐるバス『うめまる号』運行再開しています!!

見所いっぱいの城下町を、路線バスでお手軽観光!小田原宿 観光回遊バス『うめまる号』のご紹介です!

感染症拡大防止の為に運休していた期間がありましたが、現在は また 大人気!運行中です!!

年末年始を除く土・日・祝日、時刻表はいずれの日程も共通で 1日に10便が運行されています。

1日フリー乗車券は 乗り降り自由で お得に観光して頂けます!(路線バスとして 通常料金でのご乗車も可能です。お現金はもちろん、PASMO・Suica等の交通系ICカードでもご乗車になられます。)

★1日フリー乗車券 ご購入時の特典として、小田原城天守閣やNINJA館、小田原文学館などの施設の入館料が割引になったり、「一夜城歴史公園」で人気の無料ガイドが利用できます。

 

小田原宿観光回遊バス運行ルート

1.小田原駅(東口1番バスのりば)→2.本町(かまぼこ通り、小田原宿なりわい交流館)
→3.小田原城藤棚観光バス駐車場→4.板橋→5.石垣山一夜城→6.小田原漁港(おさかな通り)
→7.小田原文学館前→8.めがね橋(小田原城馬出門前)→9.小田原駅(東口降車場)
小田原城などの観光を愉しむのには もちろん、小田原漁港や石垣山一夜城(ヨロイヅカファーム:有名パティシエ鎧塚俊彦さんのレストランとパティスリー・ブーランジェリー・直売所がある場所です)に行くのにも とってもご便利なのが嬉しいポイントです♪
時刻表など、詳しいご案内は こちら→小田原宿 観光回遊バス『うめまる号』HP
箱根へのご旅行の前後など、ぜひ ご利用になってみて頂きたく思います。
小田原-観光. 小田原-飲食. 神奈川県-観光

『GoToトラベルキャンペーン』についてのご案内

【 GoToトラベル事業について 】

7月22日より行われております、GoToトラベルに関しまして
事業の概要・質問については、観光庁より情報が開示されております。
恐れ入りますが、下記リンクよりご確認いただければ幸いです。

Go To トラベル事業の概要 [PDF:1979KB]

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf

よくあるご質問(FAQ) [PDF:144KB]
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001354719.pdf

当館では、事務局より情報が入り次第認定施設への

申込手続きを行う予定でございます。
——————————————————

<GoToトラベル専用電話窓口>
GoToトラベル事業に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
【 GoToトラベル仮設コールセンター】 7月31日まで
受付時間:10:00~17:00
TEL:03-3548-0520(土日祝は休み)
TEL:03-3548-0540(7月21日から7月31日まで毎日受付)
※8月1日以降は、別の電話番号にてご案内予定

——————————————————

『おくゆもと』からお知らせ. 神奈川県-観光. 箱 根-観光

㊗『箱根登山鉄道』7月23日より🎊全線運転再開🎊しました!!

昨年10月12日の台風19号の影響により鉄路が損なわれた 『箱根登山鉄道』の【箱根湯本駅~強羅駅 間】の区間は、285日もの長期間に亘り 運休 となってしまっていました。

当初は 今年秋ごろの再開が見込まれていましたが、復旧工事が順調に進んだ為 前倒しすることができたのだそうで、

 

✨🎊『2020年7月23日に全線営業運転再開』されました!!🎊✨

 

このブログで よく「電車大好き!」とお話しさせて頂いております 当館のブログ・Twitter担当者は、運転再開 初日の一番列車に乗車して参りました!!

1枚目の写真は、「元・お召し列車」という輝かしい職務経歴を持つ車両。2000形サン・モリッツ号【氷河特急(グレッシャー.エクスプレス)塗色】です。

(スイスのレーティッシュ鉄道との姉妹提携30周年を記念して造られたもので、2010年5月24日には 上皇さま・上皇后さま 両陛下がご乗車された車両です。)

7月23日午前5時50分発の列車は この車両たちでした。

 

 

 

旅客様にとって 素敵な旅の列車、私共 箱根でお仕事をさせて頂く者にとって「命の鉄道」、

箱根登山鉄道が走ってくれている!素晴らしい日々、大切な日常が、帰って来ました!!

 

もともと写真の腕前がヨレヨレな私が、更に 興奮しまくり!で、また 自分の目で見たいことに忙しく、慌てて撮った写真ばかりですが…

そして、こちらも下手な撮影ですが、当館のTwitterには 運転再開の様子を動画で いくつか投稿いたしました。

Twitterアカウントは こちら→ホテルおくゆもと【公式】ツイッター

ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひ ご覧頂けますと嬉しく思います。

 

鉄道職員の皆様、復旧工事にご尽力頂いた皆様、代替輸送に携わった方々…関係するお仕事の皆様へ、感謝の気持ちでいっぱいです。また、沿線住民の工事への協力も大きかったとのことで、町の仲間たちへも、本当に感謝いたしております。

 

これからも ずっと、箱根登山鉄道のご安全と 更なる大活躍!を、いつも いつも 片時も忘れずに願っております。

 

(以前は ご乗客様・職員様のお顔を写してしまうと 隠す加工をしておりましたが、最近は 皆様マスクご着用ですので、そのままで失礼いたします。)

 

フロント 細川

『おくゆもと』からお知らせ. 神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物

箱根から ちょっと寄り道♪『小田原さんぽ アプリ』のご紹介!

先日 このブログで 隣町・小田原の 超有名な観光スポット『小田原城』の観光を楽しむのにご便利なスマホアプリ『小田原城 展示ガイド アプリ』をご紹介させて頂きましたが(→過去の記事)、

★本日は 小田原の街歩きにご便利な『小田原さんぽ アプリ』をご紹介させて頂きます。★

キャッチコピーは「手の中で、旅するアプリ」無料で様々なコンテンツを利用できます。

小田原の観光スポット情報やモデルコース情報が満載!

AR機能を利用して 今は現存していない昔の建物を3DCGで蘇らせる仮想空間体験などなど…アプリケーションならではの楽しみ方が盛り沢山です!!

また、小田原で鑑賞することができる お花の見頃情報などもあり、植物の名前を知るチャンスも広がります♪

インストール用のQRコードが載っているご案内チラシをスキャンしてみました。→小田原さんぽアプリ チラシ表小田原さんぽアプリ チラシ裏

お初めてでお見えの方も、何度もお越し頂いている方々も、このアプリケーションを片手にお散歩してみれば、新しい魅力を発見できるはずです♪ぜひ ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

小田原-観光. 小田原-飲食. 神奈川県-観光

『エヴァンゲリオン×箱根 2020』箱根ロープウェイとのコラボ開催中です!

エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE』と題した エヴァ史上最大規模のコラボレーション企画のイベントが開催されています!と 以前に何度か このブログでお話しさせて頂きましたが(→過去の記事)、その続報です!!

 

昨日のブログでお話ししておりました リニューアルオープンしたばかりの早雲山駅から→大涌谷駅→姥子駅→桃源台駅を結ぶ『箱根ロープウェイ』は、快適な空中散歩をお愉しみ頂ける とっても素敵な乗り物です♪

年間ご乗車人員「世界一」に認定されたギネス記録を持つ 大人気の その乗り物で、エヴァ×『箱根ロープウェイ』のイベントが開催されています!!

2020年9月30日(水)まで、
★エヴァンゲリオンデザインの『箱根ロープウェイ』乗車券を発売!(限定数がなくなり次第 終了とのこと…)

★新たなフォトスポットの設置!イベント期間中に、大涌谷駅2階「大涌谷 駅食堂」前へ、ロープウェイゴンドラ内から一望できる大涌谷と富士山の雄大な景色と人気キャラクター達がコラボレーションした垂れ幕が掲出されています。大涌谷園地での観光とあわせて記念撮影をお楽しみ頂け、早くも話題になっています!!

また、7月1日(水)「等身大フィギュア」の特別展示が行われているのですが、その中で「式波・アスカ・ラングレー」(2号機 パイロット)のフィギュアが 大涌谷駅入り口横の売店内に飾られています!

(他に レイちゃん:箱根強羅公園・カヲルくん:元箱根港下船口横 も 居ますよ♪)

 

大涌谷駅へのアクセスや、詳しいご案内は こちら→『箱根ロープウェイ』さんHP

 

『第3新東京市スタンプラリー』も当初の予定より 期間延長になって、9月30日(水)まで開催中です!

エヴァンゲリオンのファンの皆様は もちろん!お初めてでご覧になる皆様も!ぜひ 社会現象を巻き起こしたと言われる大人気アニメ作品の舞台に いらしてみて頂きたく願っております。

 

他にも 他にも…箱根町全体で行われているイベントなので、内容や開催場所がたくさん!なのですが、

詳しいご案内は ぜひ こちらをご覧くださいませ。→エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE』特設サイト

 

 

神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ