ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「紫陽花・あじさい『開花状況』」の記事一覧

紫陽花の『本当の花』が 咲いて、萼も まだ綺麗にご覧頂けます♪

今回のブログに掲載の写真は 全て、本日 当館のお庭『木陰の広場』にて撮ったものです。

 

例年 お話しさせて頂いておりますが、紫陽花の花のように見えている部分は 実は萼で、『本当の花』は 真ん中の丸ポチの所にあります。

2枚目の写真に文字を書き込んでみたのが3枚目です。

小さな小さな花が咲いて、とっても可愛らしいです♪

 

萼も まだ綺麗にご覧頂け、まだまだ これから開く萼もございます。

(町のポータルサイト等では 萼が開く事を「開花情報」として発信されています→箱根全山HPあじさい開花情報のページ

 

7月17日より当館の屋外プールが『プール開き』となります!!

今年の夏休みは、大変な不安の春と梅雨を乗り越えて迎える 夏ですので、特に 思いっきり楽しんで頂きたく思います。

当館スタッフも、毎日の体温測定や 健康状態のチェックを細かに行っております。皆様、どうぞ お元気に、お健やかにお過ごしくださいませ🍀

箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

箱根の紫陽花、現在 全ての地区で『見頃』を迎えています。

箱根は「神奈川県足柄下郡箱根町」という一つの住所の町の中でも 標高差が激しく、こちら箱根湯本は標高が100~200m程、強羅で500m程、小涌谷で600m程、芦ノ湖で700m超えでございますので、お花の見頃時期が それぞれ異なって訪れます。

 

各地の開花状況につきましては、町のポータルサイト(→『箱根全山』HP)に 随時 情報がございまして、

現在、箱根町の ほぼ全域が 💠💠💠アジサイの見頃💠💠💠となっております。

アジサイと言うと6月の花のイメージが強いですが、箱根では7月こそが 見頃の本番!と言った感じで、また、日陰になる場所や 標高の高い所では8月も まだまだ鑑賞して頂けます。

当館へのお泊りで 箱根へお見え頂くのが、誠に有難いことでございますのは もちろんですが、日帰りの観光でお見えのお客様、また 私共の仲間である 他のホテル・旅館などの宿泊施設にお見えのお客様も、皆様、ぜひ この時期ならではの 美しい紫陽花たちを鑑賞しに 箱根へお越しくださいませ。皆々様のお見えを 心よりお待ち申し上げております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

当館の紫陽花💠続々と開花しています!!

紫陽花の株が すごーくたくさん有る 当館、

5月11日のブログで(→過去の記事)今年 初めての開花をご報告させて頂きましたが、

その後、続々と開花しています!!

本日 掲載の写真は、全て 同じ一つの株で、正面玄関の近くにある 駐車場わきに咲いているものです。

こちらは 例年、青く咲く株なのですが、今年は紫も入り、二色に咲き分けしてくれました😃

 

不思議~~~!なぜなの~~~?と思ったのですが、

だいぶ以前に、お菓子の箱に入っていた 乾燥剤の石灰を撒いてみたことがあったのを思い出しました。

でも、初めての挑戦に おっかなびっくり🙄ほんの少しの量しか 石灰を撒かなかったので、その影響ではないと思います。

それは、「紫陽花のみぞ知る✨ミラクル✨」彼女(アジサイさん)の気分次第なのでしょうね♪

 

本日の写真は7階(フロントがある階)の紫陽花でしたが、1階(大浴場がある階)には もっとたくさん!紫陽花の株が それこそ数え切れない程!!ございます。

現在、開花した数は3割くらいで、見頃の本番は7月ですので、これから どんどん咲いてくれます💠

🌟当館は 只今『休館中』ですが、【7月より営業再開いたします】🌟

ぜひ ぜひ お楽しみになさってくださいませ。

 

フロント 細川

 

※ あじさい の 花のように見える部分は 実は萼で、本当の開花💠(中心の丸ポチが開く)は まだまだ先になりますが、萼が開いた事を「咲いた」と表現しております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

恋に効く!?ハートあじさい💖

当館のお庭「木陰の広場」や 駐車場の周りなどには 数え切れない程たくさんの紫陽花の株があり、例年 とても美しい咲き姿を見せてくれます。

そして、毎年、💖ハート形のアジサイ💠を見つけることができるのです!!

画像を持っていると「恋のお守りになる」「恋愛運アップ」などとも言われ、とっても人気ですよね🎶

 

植物のことなので、「必ず毎年」とは 言えないのは もちろんなのですが…「ここ数年の間、必ず毎年!」しかも、1シーズンに いくつも!!当館の敷地内で発見できたりしています👀

 

1枚目の写真は 今年の💖ハートあじさい💠

まだまだ若く、これから色や形も変化して行くと思いますが、まずは 今年 最初の💖ハート形を見つけることができ、嬉しいです!!

 

では、ここからは、『昨年までの💖ハートあじさい💠 アンコール劇場』です。

ジャン!🎵ジャン!🎵ジャン!🎵ジャン!🎵

と、効果音が聴こえて来そうな感じに、連続でご紹介いたしました。

 

さて、今年は いくつ発見できるかしら?とっても楽しみです!!

 

フロント 細川

 

箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

今年 初!の、アジサイが咲きました!!

当館のお庭『木陰の広場』にて、

今年 初!の、アジサイ咲きました!!

※ あじさい の 花のように見える部分は 実は萼で、本当の開花💠(中心の丸ポチが開く)は まだまだ先になりますが、萼が開いた事を「咲いた」と表現しております。


咲き始めたのは まだ 一茎だけで、ツボミが たくさん有ります!

このお庭だけでも すごく多くの数の株があり、また、駐車場の周りなども含めると、数え切れない程 たくさんです♪

昨年6月後半の こちらのお庭の様子は こちら→過去の記事

 

紫陽花は6月の花のイメージが強いですが…こちら 箱根では 見頃の期間が とても長く、例年 7~8月になっても まだまだ 綺麗に観賞できたりします👀✨

 

現在 当館は『一時 休館中』ですが、6月1日より営業再開予定となっております。その頃には だいぶ開花が進んでいることと思います。

一日も早く 健康に関する心配事から解放される日が訪れ、紫陽花の名所・箱根で 笑顔のお客様をお迎えさせて頂きたく、皆様のご安全を心より願っております。どうぞお健やかにお過ごしくださいませ。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

当ホテルのアジサイ、まだまだ綺麗です!!

当ホテルのお庭『木陰の広場』には 数え切れない程 たくさんのアジサイの株がございます。

「紫陽花の見頃」は 6月のイメージが強いですが、こちら箱根では 7月からが本番!と言った感じで、また、日陰の場所や 標高の高い地域などでは 8月だって元気に咲いているアジサイを鑑賞することができます。

当館は 標高200m程の所にあり 箱根の中では低い方の場所ですが、この『木陰の広場』は 文字通り “木陰” になっている部分が多くて 涼しいので、アジサイの見頃がとても長く続きます

↑ この 1枚目の写真は、先日6月25日のブログで3枚目に掲載していた写真と同じ株ですが、

↑ こちら 2枚目がその時(6月25日)の時点での写真。

少し 色が変化したような?していないような?感じで、2週間以上が経過しても ほとんど印象は変わらず、依然として その美しさを保ち続けています。

 

こちらは水色のアジサイが多く、他の植物も緑豊かに茂り、とても爽やかなムードです。

 

広い斜面いっぱいにアジサイがあるところ、ここは 花壇などとは違って 自生しているアジサイたちなので、特に元気!!とてもワイルドに 健康的な感じです。

 

さて、同じ当ホテルの敷地内でも 所変わって、こちらは 正面玄関前の駐車場のアジサイたち。

この5枚目・6枚目の写真は 枝垂桜の木の下にあるアジサイの株ですが、なんと!最近になって咲き始めたのです。太陽の通り道に背を向けるような向きに生えているので、開花時期がぐっと遅く、これから最盛期を迎えます。

駐車場の周りでも 陽の当たる場所では見頃を過ぎてしまった株もありますが、まだまだ これから 夏休みのご旅行の時にだって ご覧頂けるアジサイが多くございます。

 

さて、もうすぐ7月13日より 屋外プールのプール開きをさせて頂きます 当ホテルですが、夏休みのお子様向けイベントの準備も着々と進めております。

ぜひ ご家族の皆様お揃いで、この夏のご旅行にお見えくださいませ。

 

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

箱根登山鉄道 沿線のアジサイ、まだまだ 見頃は続きます!!

前回のブログでは【箱根登山鉄道・大平台駅】の近くで撮ったアジサイの写真を掲載し、「電車の写真は またの機会に…」と申しておりましたが、

この日、携帯電話で動画を撮りたいのと、まだ使い方が覚束ないカメラを構えるのと、両方だなんて 欲張ってしまい、結局 どちらも 予想通りの下手っぴさでした😥トホホです。

でも、「下手な写真がリアルな感じ」とのお声も賜っております このブログですので、いつも通りのクオリティの低さで、載せさせて頂いてしまいます。

 

まずは、1枚目の写真は、カメラの「ぼかし機能」を使ってみました。ふんわりとした感じに写り、アジサイにも 様々な種類がありますが、このアジサイの色や形に合った雰囲気になったかしら?と思います。

全席指定の観光列車【夜のあじさい号】は 期間が満了となりましたが、7月いっぱいくらいまで 電車の線路の周りのアジサイは まだまだご覧頂けますので、ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

さて、

本題の、電車の写真ですが…。

2枚目の写真は、モハ2形108号『金太郎塗装号』です。

前面のガラス窓の下の所にV字のラインが描かれていて『金太郎さんの前掛け(腹掛け)』に似ているので そう呼ばれてる、1956年生まれ 今年63歳の 大ベテランさんです。(JRでは 現役で活躍している車両で最も古いと言われているのが 西日本に1964年製造のものがあるそうですが、それよりも昔の生まれです。⦅私鉄や路面電車では もっと古いものが走っている所もあります⦆)

 

3枚目の写真は、モハ1形103号・通称『サンナナ』の『サン』です。こちらは 更に古い1950年生まれの69歳、超大ベテランさんの車両です。

モハ1形には 現在4つの車両があり、2つずつ分けて『サンナナ』『ヨンロク』と コンビ名で呼ばれていたりします。この組み合わせでいつも編成される と決まっていて、103号と107号は「吊り掛け式」で、104号と106号は「平行カルダン式」と、駆動方式が違います。

この『サンナナ』は、もうすぐ7月19日に引退してしまうことが決まっていて、連日 多くの鉄道ファンの方々が 写真を撮る為に箱根に集まってくださっています。(引退に関する記事が 以前のブログにございます→過去の記事

現在『サンナナ』『金太郎塗装号』で3両編成のオレンジ部隊(ボディカラーがオレンジ色の3両)と、『ヨンロク』『マルキュー(モハ2形109号)で3両編成の「三色団子」で走っていて、そのどちらも「現代では珍しいレトロな列車であること」・「サヨナラ列車」・「限定の復刻カラーリング」などから 大変に話題になっています。

 

長年に亘り、たくさんの観光のお客様の 素敵な旅の思い出を積んで走り続けて来た列車ですので、鉄道ファン以外の方々も とても多くの皆様が記念写真を撮っていらっしゃいます。

(例えば 当ホテルの建物に対して「私達おくゆもとスタッフと一緒に お客様をお迎えするお仕事を、これからも頑張っておくれ」と思ったりするのと同じような感覚と申しますか…)箱根で観光のお仕事をする私達にとって 仲間のような存在の列車が引退してしまうのは とても淋しいことです。

ノスタルジックなムードの可愛らしい電車なので、とても目立ちます。箱根へご旅行や日帰りの観光などでお見えの際は ぜひ 駅や沿線のどこかで、ご覧になって頂けると嬉しく思います。

 

ところで、私は地元住民なので 箱根登山鉄道の撮り鉄には慣れている “つもり” ですが、お初めてでお見えの方々には 遮断機の無い踏切など ご注意が必要な場所がございます。お山を走る ローカル線で、都会の電車とは だいぶ様子が違いますので、お子様とご一緒のお越しの場合には 特にご用心くださいませ。

上記で “つもり” と申しましたのは、「線路の周りの道をウォーキングのイベントで歩いたことがあり 距離を知っている」とか、そんな程度のことで…実際の撮影現場では 遠方よりお見えの方々に教えて頂く事の方が多かったりします。

電車の写真撮影時のマナーに関してなど 報道されるのをお聞きしてはいますが、慣れていらっしゃらないママさんタレントの方々が間違えてしまわれたように ご存じなくての場合の方が 見ていて心配な時が多く、話しかけさせて頂く場合もございます。本格的な機材を持ってお見えの 紳士淑女な鉄道ファンの方々にお会いすることばかりですので、私も質問させて頂いたりしていますが、ぜひ 安全に鑑賞や撮影ができる場所の確保は 周りの人にお聞きになてみられるのがお勧めです。

 

ちなみに、本日 お話しさせて頂いた2種類の3両編成の列車の その全貌を写真に収めるには、だいぶ遠くから撮ることになるので 難しいのですが、走っている姿の動画を 当ホテルの公式Twitterに掲載しております

Twitterアカウントは こちら→ホテルおくゆもと【公式】ツイッター #電車大好きのハッシュタグで掲載中です。

ぜひ ご覧くださいませ。

 

鉄子なスタッフ 細川

箱根の乗り物. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

箱根町の ほぼ全域が、アジサイの見頃となりました!

先日、お休みの日に【箱根登山鉄道・大平台駅】へ、 撮り鉄活動をしに 出かけて参りました。

 

まずは、1枚目に 最新型の『アレグラ号』とアジサイの写真を掲載させて頂きますが、本格的な機材を使い 連写で撮るなどではなく、慌てて 携帯電話で撮ったので アングルも構図も良くない いつもながらの下手っぴ写真です😓良い方のカメラを久し振りに持って出かけたので、そちらには もう少し ましな写真も有るな?と思いますが、それは またの機会に…。

と言うことで、本日は、電車の写真は 最初の一枚のみにしておいて、アジサイの写真をお送り致します。

 

箱根は「神奈川県足柄下郡箱根町」という一つの住所の町の中でも 標高差が激しく、こちら箱根湯本は標高が100~200m程、強羅で500m程、小涌谷で600m程、芦ノ湖で700m超え、大涌谷は1000m以上もございますので、お花の見頃時期が それぞれ異なって訪れます。

各地の開花状況につきましては、町のポータルサイト(→『箱根ナビ』さんHP)に 随時 情報がございまして、現在、箱根町の ほぼ全域が 💠💠💠アジサイの見頃💠💠💠となっております!!

 

標高340m近くある 大平台では、

こんなに濃い青紫色や、

薄紫色で スカラップカットがかわいいアジサイ、

まだ咲き始めの株や、

まだまだ 小さなツボミを持つ株も、

とても多くのアジサイたちが 萼を広げていました。

 

ちなみに、以前にもお伝えしておりましたが、アジサイの花のように見えている部分は 実は『萼(がく)』であって、『本当の花』は 真ん中の所に有ります。そこが咲くと、本当の本当に「開花」となるわけですが、コレが ミニチュアの王冠みたいと言うか、とっても小さいのに なんだか豪華な感じで、とってもカワイイのです。

 

こちらの写真や、

こちらの写真で、

真ん中が丸ポチなのが ツボミ、そこが開いているのが 『本当の花』開花です。

 

💠💠💠『紫陽花の名所・箱根』は、只今が「見頃の最盛期」と言ったところか…いえいえ、まだまだ 7月も「アジサイの花ざかり!(萼ざかり!)」は続きます。💠💠💠

箱根登山鉄道は 沿線に一万株以上ものアジサイが咲く『あじさい電車』として 大変な人気を誇る観光列車ですし、箱根町全体では 何千万?何億?もの株のアジサイがあると思います。

当館へのお泊りで 箱根へお見え頂くのが、誠に有難いことでございますのは もちろんですが、日帰りの観光でお見えのお客様、また 私共の仲間である 他のホテル・旅館などの宿泊施設にお見えのお客様も、皆様、ぜひ この時期ならではの 美しい紫陽花たちを鑑賞しに 箱根へお越しくださいませ。皆々様のお見えを 心よりお待ち申し上げております。

 

フロント 細川

 

 

 

 

 

 

 

箱根の乗り物. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

『木陰の広場』のアジサイ、だいぶ咲き揃って参りました♪

当ホテルのお庭『木陰の広場』には 数え切れない程のアジサイの株があり、文字通り 木陰になっている部分が多くて 涼しい場所な為、箱根湯本の町の他の所に比べて ゆっくりめな時期に開花します。

6月も残りわずかとなった 本日は、雨上がりの 気持ちの良い晴れた日でしたので、また少し開花が進んだように思います。

一つの株で 白・薄紫・水色 と 何色も見せてくれるアジサイや、

白に見えるくらい 薄い水色のアジサイ、

濃い青のガクアジサイなど、

様々な種類の紫陽花が咲いています。

 

先日6月5日のブログで、

(↑この4枚目の写真は 以前のブログに掲載したものです)「右側の斜面は、この手前の方に向かって もっと けっこう広い面積なのですが、そこが全て アジサイの咲く場所です。ちょっと日陰になる場所なので 開花時期は遅めで、6月末から7月頃が見頃になるかと思います。」と申しておりましたが、

その斜面に だいぶ多くの開花が見られるようになりました。

こちら5枚目の写真が 本日の様子。手前に紫色のアジサイ、真ん中あたりは まだツボミが多く、奥に水色のアジサイが見えます。

6枚目の写真は、少し離れた所から 斜面全体を眺めたもの。まだ開花していない株も多くあるのがご覧頂けますでしょうか?

 

アジサイと言うと6月の花のイメージが強いですが、箱根では7月こそが 見頃の本番!と言った感じで、また、日陰になる場所や 標高の高い所では8月も まだまだ鑑賞して頂けます。

箱根登山電車の『夜のあじさい号』(詳しいご案内が以前のブログにございます→過去の記事が 今年も大盛況で、7月2日まで運行していますし、また、沿線のライトアップは7月7日まで行われておりますので、ぜひ 『アジサイの名所・箱根』へ、皆様お誘いあわせで いらしてくださいませ。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

箱根 強羅公園で『あじさい展』開催中です

【アジサイの名所】と言われ、箱根登山電車の沿線だけでも1万株、全山では何千万?何億?もの株のアジサイが咲く 箱根で、この時期ならではの『あじさい展』が行われているご紹介です。

『箱根 強羅公園』さんは、国の登録記念物にもなっている 日本初のフランス式整型庭園です。フランス式庭園というのは、左右対称に幾何学的に花壇や池などを配置した造園の方式なのだそうで…実際に園内を歩いていても そう感じるのですが、園内マップを見てみると その美しさには とても驚かされます。それが大正3年に造られたそうで、なんともハイカラでモダンな開園だった事と思います。

 

只今、そちら『箱根 強羅公園』さんでは、6月30日までの期間限定で『あじさい展』というイベントが開催されています。
園内のイベント会場には、日本原種の可憐な山あじさいをはじめ、色鮮やかな西洋あじさいなど、約80種が勢ぞろいして その美しさを競い合っています。

併設の販売コーナーには、濃い紫に白い縁取りの人気品種「ちぼり」や純白の「シュガーホワイト」、白から鮮やかな紅色に変化する花が楽しめる「くれない山あじさい」などが豊富に取り揃えられています。

開催日時は 6月30日(日)までの毎日(年中無休)10:00~16:00で、入園料は 大人550円・小学生以下無料(※箱根フリーパス・トコトコきっぷをご利用の方は入園無料)となっております。

アクセスなど、詳しくは こちら→箱根強羅公園さんHP

 

ちなみに、長細い形の公園には 入口が二つ(正門西門)があり、箱根登山電車の終着駅 強羅より徒歩5分程で正門、また、強羅駅よりケーブルカーに乗り換えて『公園下(こうえんしも)駅』下車で 正門・または『公園上(こうえんかみ)駅』下車で西門へ いずれも徒歩1分程の所にあり、交通に とてもご便利な場所です。お車でお出かけの場合は、駐車場が正門の近くに有ります。

また、箱根強羅公園さんは 標高が600m程の場所にあり、標高100m高くなる毎に0.6℃気温が低くなると言いますので、とても涼しくて気持ち良いですよ♪ 初夏の爽やかな風が吹く箱根で、素敵なひとときをお過ごしになるのに お薦めの場所です。ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

フロント 細川

未分類. 神奈川県-観光. 箱根の植物. 紫陽花・あじさい『開花状況』

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ