ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「箱根の空」の記事一覧

「令和」の初日の出を 山頂から望むイベント🌄

このブログで何度かご紹介させて頂いております【箱根駒ヶ岳ロープウェー】さんの、新しいイベントのお知らせです。

 

右手に 富士山・正面に 芦ノ湖・左手には 小田原から湘南一帯と相模湾を望む、箱根の駒ヶ岳は 標高1327m。

ふもとの箱根園駅から 駒ヶ岳頂上駅間までを 約7分間で一気に登る【箱根駒ヶ岳ロープウェー】が運行されていますので、登山の装備が無くても、普段通りの服装や靴で、とても気軽に その絶景を愉しむことができます。

通常は 午前9時の始発から 4時30分の最終便までの運行ですが…特別な日や 特別な景色をご覧になることができるシーズンなどは、営業時間を大幅に変更するイベントが 頻繁に開催されています。

 

そして、この4月と5月は、『新元号 初日の出運行』『サンセット 特別運行』が行われるのだそうです。

新元号「令和」を迎えるお祝いとして、5月1日(水・祝)に初日の出 特別便が運行されます。駒ヶ岳山頂から「令和」の初日の出に合わせて運行される『新元号 初日の出運行』は、お天気が良ければ早朝の駒ヶ岳山頂の澄んだ空気と遮る物のない広大な景色の中で、海と富士山と芦ノ湖を同時に望める展望台から初日の出を見ることができます。初日の出を見た後は、山頂の箱根元宮へ参拝もできます。

 

また、4月27日(土)から5月6日(月・祝)までの間 毎日 行われる『サンセット 特別運行』は、夕暮れ時に赤く染まる芦ノ湖や富士山を眺めることができ、薄暮から夜景まで空の色が刻々と美しく変化していく時間帯に合わせた特別運行です。

改元に立ち会った年の記念になり、忘れられない思い出に残る、素晴らしい景色をご覧になられることと思います。ぜひ 皆様お揃いで、お出かけになってみられてはいかがでしょうか?

 

『新元号 初日の出運行』

実施日 :5月1日(水/祝)

運行時間:4:20A.M.より10分間隔で運行

※日の出予定時刻4:54A.M.頃

料  金:ロープウェー往復料金 おとな:1,600円 こども:800円

 

『サンセット 特別運行』

実施期間:4月27日(土)~5月6日(月/祝)

運行時間:6:00P.M.~7:00P.M.(10分間隔で運行)

※日の入予定時刻6:25P.M.~6:32P.M.頃(日によって異なります。)

料  金:ロープウェー往復料金 おとな:1,600円 こども:800円

 

アクセスなど詳しくはこちら→【箱根駒ヶ岳ロープウェー】さんHP

 

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物. 箱根の空

木陰の広場に 菜の花が咲き始めました

小さな黄色い花が ちょこちょこと咲き始めた、当ホテルのお庭『木陰の広場』です。

雨上がりの時に撮ったので、葉っぱには雫が乗っていて、風に吹かれてコロコロ揺れて とても綺麗でした。

 

ここ数日、雨と晴れが 交互に続いたり、標高の高い所に観光にお出かけのお客様の中には「霧がでていたよ!初めて見てビックリした!キレイだった!」と仰るお子様もいらっしゃいます。

箱根は『雨と霧の名所』とも言われ、雨の箱根は また格別の美しさなのですが、雨ばかりでも困ってしまいますので、なるべく晴れてくれるよう祈りつつ…な、3月のスタートとなりました。

 

先日の晴れ間の日に、8階の展望テラスに出て写真を撮ってみました。

この2枚目の写真の 左下に見えているのは、9階『四季亭つばきの間(露天風呂付き客室)』の窓です。

この日は 春らしいポカポカ陽気で、雲の輪郭が陽の光に透けて見えて とても綺麗でした。

 

二つ仲良く並んだ『二子山(ふたごやま)』を ズームアップしてみたのが3枚目の写真ですが、雪はちっとも残っていない状態です。(お隣りの山の陰になる部分に陽が当たらず、一度 雪が降り積もると それがいつまでも残り、3月半ば頃まで溶けなかったりする箇所が有るのが この山の特徴ですが…今年は あまり積雪も無く、また、急に暖かくなった日もあったので、もう すっかり春の 山肌になっています。)

 

ちなみに、花粉症をお持ちの方には お辛い時期ですが、私は 都会暮らしだった頃に比べて 箱根に住んでからの方が花粉症がすごく軽くなり「治ったかも?」と思う年も有る程に 楽になりました。箱根は 杉の木の数は多いのですが、土が多くて 湿度が高いので、花粉があまり散らないと申しますか 地面がしっかりキャッチしてくれているのが良いのだと思います。(都会では アスファルトやコンクリートの上を いつまでも舞い続けてしまうのが 皆様をお辛くさせている原因なのだそうです)。

箱根というと、唱歌『箱根八里』で「昼猶闇き 杉の並木」と歌われているように、関所の近くには 有名な杉並木があり、花粉症をお持ちの方には 敬遠されてしまいがちなのですが…意外と!花粉症の症状が軽くなる!!と驚かれてしまう場所なのです。

 

フロント 細川

 

箱根の空

天体観測&夜景ナイトツアー、3月の開催日をお知らせ

このブログで何度かご紹介させて頂いて参りました、【駒ヶ岳山頂 星空天体観測&夜景ナイトツアー『箱根宙旅(はこねそらたび)』】が今年も開催されています。

毎週 土曜日と日曜日・祝日に開催され、3月の開催日は、

3月 2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・21日(木・祝)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)です。

 

右手に 富士山・正面に 芦ノ湖・左手には 小田原から湘南一帯と相模湾を望む、箱根の駒ヶ岳は 標高1356m。

ふもとの箱根園駅から 駒ヶ岳頂上駅間までを 約7分間で一気に登る【箱根駒ヶ岳ロープウェー】が運行されていますので、登山の装備が無くても、普段通りの服装や靴で、とても気軽に その絶景を愉しむことができます。

通常は 午後4時50分が最終便で営業終了となるのですが、

【星空天体観測&夜景ナイトツアー】が開催される日は、その後に 3本 増発され、駒ヶ岳山頂で星空を眺める事ができるのです。

山が好き!星が好き!な皆様は もちろん、普段は 星を眺める時間が あまりお有りでない方々や、ご家族で・お友達と、などなど、たくさんの方にお勧めしたい、とっても素敵なツアーです☆彡

今までの開催では 当館のお客様も多くご参加されて、とてもご好評でしたので、ぜひ お出かけになってみては いかがでしょうか?

 

イベント開始時間 は午後6時より、
ロープウェーダイヤは下記の通りです。
上り  5:30P.M.  5:40P.M.  5:50P.M.
下り  6:30P.M.から7:30P.M.の間 10分間隔で運行。

ご参加料金は、おとな 2,000円 こども(小学生) 1,000円

※上記各料金には、ロープウェー往復運賃込み/星座早見盤付き

 

アクセスなど詳しくはこちら→【箱根駒ヶ岳ロープウェー】さんHP

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の乗り物. 箱根の空

只今、箱根は晴れています!

本日、東京や横浜では雪が降っていて、テレビのお昼のワイドショー番組では 羽田空港が吹雪のようになっている映像が流れていましたが、

箱根は 只今、晴れています!

写真は つい先ほど撮ったもの。青空が綺麗な 快晴です!

この後の予報は 曇りで、明日は 曇りのち晴れと予測されています。

 

これから箱根へのご旅行にお出かけの皆様、当ホテルの周りでは 道路のご通行には 全く問題はございませんので、ご安心くださいませ。

 

このブログを公開したのは13時前だったのですが、その後、この下の( )の部分を加筆致しました。

(現在、15時過ぎの時点で、当ホテルの周りでは 小雨が降っています。傘なしで歩けるくらいの ほんのちょっとだけの小雨です。)

 

山の上の方では、早朝・深夜などに 路面凍結が心配されている場所もございますので、どうぞお気を付けてお見えくださいませ。

 

皆様のお越しを、スタッフ一同 心よりお待ち申し上げております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の空

ほんのちょっとだけ、雪が降りました。

昨日は、ほんのちょっとだけ 雪が降った、箱根湯本です。

本日掲載する写真は 全て 今朝 撮ったものですが、本日は 青空が眩しい!快晴となっております。

当ホテルの周りでは、道路のご通行にも 雪の影響によるご不便は全く無く、お車でのドライブも ウォーキングやランニングなどのスポーツも 通常通りにお楽しみ頂けます。

山の上の方でも、ほとんどの道路は 問題なくご通行頂けるようですが、深夜・早朝は 凍結が心配されている場所もございますので、ご注意くださいませ。

こちらは、当ホテル 駐車場わきの植え込みです。木の葉の上にのみ、こんなに、ほんのちょっと だけ 雪が残っていますが、ホテル周辺の道路の状態は 1枚目の写真の アスファルト部分のような状態です。

 

これからお見えのお客様、どうぞお気を付けて お越しくださいませ。

ホテルおくゆもと スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の空

今のところ、雪の予報は はずれています

本日の朝8時頃に撮った写真、当ホテルの前の道、旧東海道(神奈川県道732号湯本元箱根線)です。

天気予報では 朝6時から9時頃に雪が降ると予測されていましたが、今現在 曇りで 雪は降っていません。路面は乾いている状態です。今のところ、当ホテル周辺では お車はノーマルタイヤで通行して頂けます。

 

(このブログは 今朝10時前に書いたものでしたが、その後、このカッコ内の部分を加筆しました。

只今、13時前の時点で、当ホテルの周りは雨が降っています。この後の時間帯の天気予報では「曇り」と予測されていて、たぶん もうすぐ雨も止むことと思います。)

(再度、加筆します。

現在、15時過ぎですが、とても細かい粒の雪が降っています。状況が二転三転しておりますが、いずれにしても 天気予報は はずれてしまっています。例年、当館の周りでは そんなに積雪することはございませんので、たぶん 交通にご不便が出る程は降らないかと思います。)

 

箱根は一つの町の中(箱根湯本も強羅も芦ノ湖も大涌谷も 全て 神奈川県足柄下郡箱根町という住所の町)で標高の差が激しく、当ホテルは標高200m・強羅は500m程・芦ノ湖で700m超え・大涌谷は1000m以上もあります。山の上の方では 雪が降り易い場所も多くございますので、観光にお出かけの際には ご注意くださいませ。

現在は、あちこちに設置されている定点カメラ(→箱根ウェブカメラ)で見ても、標高の高い所も 雪は降っていない様子です。

 

こちらも、本日 つい先程 撮った写真です。2月6日のブログの2枚目の写真と ほぼ同じ場所を撮りましたが」、二子山が見えるはずの場所は 真っ白な霧に覆われています。

 

これから箱根へお見えになるお客様、交通にお気を付けになられてお越しくださいませ。

皆様のご来館を、ホテルおくゆもとスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の空

不思議な雲が見えた日

当ホテルから西の方角に見える 二子山の上空に、一直線に伸びた形の雲が見えました。その下の方にも 少し雲が見え、お空が縞模様になっています。

先日と申しますか、ちょっと経ってしまっていて、1月19日の夕方の写真です。

ズームアップして撮った写真では、二子山よりも ずっと手前にある木々が写ってしまい、雲がよく見えませんが…

山の向こうに沈んで行く太陽が 雲の下の部分を照らして、明るくなっています。

 

先日のブログで「箱根は 飛行機雲の名所!?」というお話をさせて頂きましたが、飛行機雲ではなさそうな、もっと太く かなり大規模な 筋状の雲でした。

このような雲は  “あることがらの前兆” と 懼れられることもありますが、それには「科学的根拠に基いて 関連づけることは難しい」と言う意見の方も多いのだそうで、確かではないこと とも言われているようです。

 

この日は この後の時間帯は 平穏に過ぎ、また、翌日は 全国的に見ても その現象は起きていませんでした。

どうしてこのような形の雲が出ていたのか?謎ですが…都会暮らしの頃は あまり空を見ることがなかった私には、箱根の空はとても大きく、また、日々 新しい発見をすることが非常に多く、箱根でのお仕事を 楽しく務めさせて頂けています。

 

箱根の空

『お天気マジック』を見ることができるホテル!?

当ホテルの正面玄関の所には、大きな 庇(ひさし)の屋根がございます。

1枚目の写真は 外観で、

2枚目の写真はロビーの中から見たところです。

この2枚目の写真の 真ん中に、奥の方に向かって伸びている屋根の下には ご送迎用のマイクロバスを停めても もう1台 乗用車を横列に並べることができる程の大きさです。

 

さて、本日の話題ですが、

どうやら、この大きな屋根の上、上空に、『お天気の境目!?』が有るようなのです。

と申しますのは、私達おくゆもとスタッフが 頻繁に感じている、「この屋根の右と左で 空の色が違う!」という事に関するお話しです。

 

昨日のチェックアウトのお客様がお帰りになった後のことですが、朝から降っていた小雨が上がり 午後は晴れになるでしょう…と思っていた時、

屋根の右の空は、霧で真っ白。(左上に見える 斜めの黒い所が屋根の部分です)

屋根の左の空は、爽やかな青空。(同じく 右上の斜めの黒い所が屋根の部分です)

この3枚目と4枚目の写真を撮った時間は 1分も間が開いていないくらいの、ほぼ同時刻なのです。

 

わりと頻繁に見かける現象なのですが、写真に撮って比べてみたのは初めてで、やっぱり 当ホテルの上空に『お天気の境目』が有るのだと確信しました。

 

今回のような「右は霧・左は晴れ」という状況の他に、「右は雨・左は晴れ」の場合もあります。いずれにしても、右の方が重めな空模様です。そして、このような「はんぶんこの天気」が見えた時は、だいたいの場合が その後の時間帯は晴れになる感じです。

右は西の方角なので、天気は西からやって来るもので、右の 重めな空模様が この後の時間帯を支配するのかと思いきや、そうではない、『お天気マジック』を見ることができます。

 

それには、標高の高さが関係していると思います。

当ホテルのある場所が ちょうど標高200mで、右の西の方角が 標高が高く、左の東の方角は 標高が低くなっています。

「200mは お天気の境目」などという話を聞いた事がある訳ではないのですが…

箱根湯本駅の周りでは晴れている時も、山の上の方は霧が出ていたりして、一つの町(箱根全山は「神奈川県 足柄下郡 箱根町」という住所で、標高100mから1,000m超えまでの 全てが 一つの町なのです)の中で 天候の違いがとても激しい町です。

当ホテルは 標高の低い箱根湯本の地域の中では「奥の 奥の おくゆもと」にございますので、易しく平穏な箱根湯本の天候とは ちょっと違う・かと言って 激しく険しい山岳地帯の気候とも また違う感じで、『雨と霧の名所』と言われる箱根にしては 当ホテルの場所は霧が多い訳でもなく・少ない訳でもなく 微妙な感じなのは ここがちょうど『霧の名所の良さも・晴れの箱根の爽やかさも どちらも味わうことができる、いいとこどり(良い所取り)🎵』な場所なのだと思います。

…と、今のところ、推測なのですが、そう考えています。

しかし、やたらと勝手な憶測ではない と思える程に とても多くの回数、このような「この屋根の上に『お天気の境目』があるに違いない」という空模様を見ていますので、今後も観測を続けて行こうと思っています。

 

フロント 細川

 

箱根の空

二子山のシルエットが とっても綺麗でした

当ホテル8階・展望テラスに出て、左を向いた 西の方角に見える山々の稜線です。

 

7階ロビーの窓から見た 空の色が、梔子色から浅葱色へと変わるグラデーションの美しさに驚き、慌ててカメラを持って 展望テラスに出てみたのですが、ほんの少しの時間の差で ぐんぐんと陽が沈み、思ったよりも 全体的に青っぽい写真になってしまいました。

 

でも、1枚目の写真の中央に見える 二つ仲良く並んだ『二子山(ふたごやま)』を ズームアップしてみると、また 違った感じの空の色に見えて写り、びっくり!でした。

右が『上(かみ)二子山』標高1,099m、左は『下(しも)二子山』標高1,065m、こう見ると 『下二子山』の方が 少し高いように感じますが、それは ちょっと近いからなのです。当ホテルからの距離は、『上二子山』までが 4.2km程で、『下二子山』までは 3.7km程です。

 

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のヤシマ作戦でご存知の方も多い この山は、当ホテルから見える 実在する山で、作中での描かれ方も とってもリアルでした。ミサトさんの台詞では「二子山山頂」とだけ 言っているので、どっちの山頂か?と よくお客様に質問されるのですが、レイちゃんは「下二子山」と言っているシーンがあるので、この写真の 左側の山のことです。

 

ちなみに、本日のブログは、カテゴリーを「山登り・ハイキング」にしておりますが…実は、この二子山は、自然保護の為に 一般の入山は禁止されています。箱根全山の中でも 特に『特別保護地区』に指定されている、とても大切に守られている山なのです。その近くには、山歩きを楽しむ方々にとても人気のハイキングコースがあり、野草や野鳥の観察をなさる方も 多くお出かけになっています。

 

さて、ラストの写真は おまけ。

二子山と逆方向の東の空には、白い月が見えていました。写真に撮ったら ぼやっとしてしまい、光って見えますが…夕方の まだ明るさが残る空に、チョークで書いたような白さの月が浮かんでいて 綺麗でした。

 

フロント 細川

 

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の空

飛行機雲の名所!?

青空に すっと伸びた飛行浮雲が、じんわりと滲んでいく様は、何度見ても飽きないなぁ…と思います。

「箱根は 飛行機雲の名所!?」ってくらい、すごく頻繁に見ることができます。

ほんの数分の間に、こっちにも、

あっちの木の向こうにも、

まだ あと 4~5本くらい、一度に見えました。

お正月から ずっと快晴続きでしたが、6日に ほんの一瞬 本当に短時間のみ 超小粒の雪が振り、そして、12日に小雨がぱらついた箱根湯本です。

この先の天気予報を見ると、15日が晴れのち小雨 だそうですが、いずれにしても 一週間ほど 晴れマークは 毎日ついています。

冬は空気が乾燥して 晴れる日が多いのは、観光のお仕事の私達には とても助かることなのですが…喉の保護や 風邪の予防には、皆様 よく お気を付けくださいませ。

 

フロント 細川

 

箱根の空

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ