ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「箱根の生き物」の記事一覧

『はこね湿生花園』、ホタル飛翔観覧の夜間開園☆彡開催中です

当ホテルで その美しい光を見せてくれるホタルたちは、(自然のものなので いつが「見頃のお仕舞い」とは申し上げることができないのですが)残りわずかとなっております(今年の初観測の時のブログは こちら→過去の記事)が、

箱根の中でも標高の高い所にある『はこね湿生花園』さんでは、6月23日まで「ホタル飛翔観覧のための夜間開園」が行われています。

 

仙石原にある『はこね湿生花園』さんは、湿原や川辺・湖畔などに生育している草花を中心とした 日本で初めての湿原植物園で、季節ごとのお花や高山植物を愛でながら のんびりと過ごすのに、とってもお薦めの場所です。

こちらは、総面積3万㎡の広さの園内に、低地から高山まで日本の各地に点在する湿地帯の植物200種、草原や林、高山植物1,100種、また、外国の山野草などを含め、約1,700種の植物を見ることができる植物園になっています。

 

今回の「夜間開園」では、通常は17時閉園のところを21時まで4時間延長しての営業(最終受付は20時45分)となっており、ホタルを鑑賞しながら 涼しくて気持ちの良い園内を歩く事ができるのは 今だけの特別な催しなのです。

(標高651mの場所の涼しさを具体的にご説明致しますと、東京の山手線の駅で 最も標高が低いのは品川駅1.19m・最も高くて新宿駅37.5mですが、標高が100m高くなる毎に 気温は0.6℃下がるので、標高が高い方の新宿駅と比べても4℃程は涼しい計算になります。しかも、都会のビル群が無い 箱根の高原地帯ですし、たくさんの木々に囲まれ、また、湿原植物の育つ場所ですので、体感温度は もっと もっと 涼しいですよ♪)

 

デリケートなホタルたちを鑑賞するご注意点などは こちら→チラシPDF
また、上記のPDFのチラシ裏面には お昼間の園内で鑑賞することができる植物たちの紹介も載っています。
国立公園・箱根の中でも ホタルを鑑賞することができる場所はわずかですので、この機会に ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?
アクセスなど 詳しくは こちら→『はこね湿生花園』さんHP

 

箱 根-観光. 箱根の植物. 箱根の生き物

🌟ホタルたち、元気に光っています!!🌟

🌟先日、無事に 今年の初観測の日を迎えた、当ホテルのお庭『木陰の広場』に暮らす【💡ホタル💡】たち、元気に!活発に!光っています🌟

自然豊かな国立公園 箱根の中でも【💡蛍💡】を見ることができる場所は 珍しく、当館の大浴場・露天風呂の向こう側を流れる二級河川『須雲川(すくもがわ)が 箱根の中でも特に水質の良い綺麗な水なので、そのお陰様で 毎年 【💡ほたる💡】たちの美しい光を鑑賞することができるのです。

 

その『須雲川(すくもがわ)は 夏には川遊びもできる川で、詳しいご案内を以前のブログに掲載しておりますので、ぜひ ご覧くださいませ。→過去の記事

 

さて、夜は 黄緑色の幻想的な光を灯し 優雅に飛んでいる【💡ホタル💡】たちですが、お昼間は 何をしているのかな?と 探しに行ってみました。

「川原の石の下で休んでいたり、植物の葉っぱの裏などの涼しい所で じっとしている」と 昆虫に詳しいスタッフに聞いたのですが…

【💡ホタル💡鑑賞スポット】へ着いてすぐに、小さめの体の子が一匹 草から草へと飛んでいるのを発見して 驚きました。

 

そして、夜の光っている時間帯に よく とまっている植物を見て回り、しばらく探してみました。

居ました!居ました!【💡ホタル💡】は 体が黒くて頭が赤いので、目立ちます。

こちらは けっこう大きい方の個体で、細長い形の体は 1.5cmくらいの長さがありました。

この3枚目の写真は 昨日の正午頃に撮った写真ですが、その後、19時30頃から 昨夜の活動を始めて たくさんのお客様に鑑賞して頂けました。

 

夜の光っているところの写真は、「写真が趣味」と言うスタッフが 後日 撮る予定になっておりますが…

「下手な写真が リアルな感じ」とのお声も頂戴している このブログですので、へっぽこな腕前の私が撮った 下手っぴな写真を ちょっと載せさせて頂いてしまいます。

予告通りの?、皆様の予想を はるかに下回る?、

本当に ド下手な写真で、すみません。

 

ですが、🌟動画は、もうちょっとだけ 上手に撮れました!!🌟

このブログには動画を載せられないのですが、Twitterに投稿しておりますので、ぜひ ぜひ ご覧くださいませ。

🌟Twitterアカウントは こちら→ホテルおくゆもと【公式】ツイッター@okuyumoto🌟 

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

🌟ホタル、初観測です🌟

今年も、やって参りました、

おくゆもとの初夏」といえば…

🌟ホタル🌟

🌟ほたる🌟

🌟蛍🌟 季節です!!

 

当ホテルのお庭『木陰の広場』には、毎年 ホタルを鑑賞することができる『ホタル小道』がございます。

 

先日、今年の初観測を無事に修め、いよいよ お客様にご覧頂けるようになりました♪

2週間から3週間程の ほんの短い時期だけ、その美しい光を見せてくれるホタルたちに会いに、ぜひ いらしてくださいませ。

 

ホタルは とっても臆病で、カメラを向けられていると なぜか その気配を感じとるようで、光るのをやめてしまったりします。お話し声や 懐中電灯の明かりなどにも敏感な、デリケートな虫さん達です。

ホタルをご覧になる時は、鑑賞スポットに着いたら あまり動かず静かにお待ちになってみてください。すると、やがて、ふわふわと舞いながら、やさしい光を見せてくれることと思います。

 

蛍鑑賞スポットまでの道のりは、こちら→過去の記事をご覧くださいませ。

 

箱根湯本の自然界に暮らす 天然のホタルたちなので、みんなでたくさん光る 活発な日・お休み中なメンバーも居る おとなしい日…と、コンディションの変化は いろいろあるかと思いますが、激しく荒れ模様な天候などでなければ だいたい 毎日 鑑賞して頂けるかと思いますので、ぜひ お楽しみに!!

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

箱根園水族館に コツメカワウソの赤ちゃんがいますよ♪

『箱根園水族館』で誕生した、コツメカワウソの赤ちゃん達 4頭が、先月末からお披露目されています!

細長い形の芦ノ湖の真ん中あたりの湖岸にある『箱根園水族館』さんは、日本一標高の高い所にある海水水族館で、世界中の魚たちや かわいい海獣たち 水鳥たち などなど…たくさんの生き物に出会える、とても人気の観光施設です。

 

そちらの水族館で、昨年から新しく仲間入りしていたコツメカワウソの「ハナちゃん」と「フユくん」のもとにオスとメスそれぞれ2匹の赤ちゃんが誕生しました🎉

すくすくと元気に成長し、3月21日から 皆さんにお披露目されています。

つぶらな瞳、小さなおてて、丸っこいお耳も、とってもカワイイ!!遊び盛りのやんちゃでキュートな赤ちゃんたち。早くも大人気を誇る 水族館のスターになっています。

 

他にも、大きな水槽で行われる『海中ショー』では、お魚たちとダイバーさんの演じる素敵なショーが行われていたり、

また、バイカルアザラシ君たちのショーも とっても賑わいます!のほほんとした おもしろカワイイ アザラシ君たちは、すごく芸達者ですよ!

 

そして、その『箱根園水族館』さんの お得な前売り券

大人1,500円→1,200円  お子様750円→600円 を、

当ホテルのフロントにてご購入頂けるので、発売以来 大変 ご好評を頂いております!!

アクセスや営業時間についてなど、詳しくは こちら→『箱根園水族館』さんのHP

 

春の楽しい箱根旅行で、ぜひ 出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱 根-観光. 箱根の生き物

モミジの ツボミと新芽が綺麗です

新緑が眩しい、爽やかな季節。春の箱根では、様々な植物たちが 新たな葉を伸ばしています。

やわらかな化粧筆のように しなやかに風に揺れていた黄緑色の新芽は、『モミジ』の葉です。

その先には 赤い小さいツボミがたくさん付いていました。もうすぐモミジの花が咲き始めます。

そして、ひと月ほど経つと 面白い形の種ができるので、そちらも とっても楽しみです。

昨年の種の写真は こちら→過去の記事

 

また、ご近所ではは『満天星』も咲き始めました。『満天星』と書いて『ドウダン』と読み、また この漢字三文字だけで『ドウダンツツジ』とも読むのだそうで、別の漢字表記では『灯台躑躅』と書く、ツツジの仲間の木。

スズランみたいな、小さな 小さな とても可愛らしい花です。

 

野鳥たちも とても賑やかで、特に早朝に聞こえるウグイスの声は とても美しく、国立公園ならではの自然の素晴らしさを感じます。(今年のウグイスは、最初の たどたどしい練習の声をあまり聞かなかった…最初から上手に鳴いていたような気がします。)

 

フロント 細川

 

 

箱根の植物. 箱根の生き物

セキレイ?が 遊びに来ていました。

当ホテルの温泉大浴場【滝観の湯(男湯)】【ふじの湯(女湯)】の向こうを流れる、二級河川『須雲川』
その水は とても とても 澄んでいて、なんと!初夏には ホタルも居るんですよ!!ってくらいのキレイさです。(ホタルの見頃は 6月中旬頃で、毎年 初観測のニュースなどを このブログでお伝えさせて頂いています。)

川底まで透き通って見え、小魚や すごく小さな川エビが居ましたが、写真には写ってくれず 残念…。

この川には シロサギ・アオサギなどの大きな鳥や、カワセミなども よく来ていますが、この日は 小さめな鳥が二羽 居ました。たぶん ハクセキレイかな?と思います。

すごく小さくしか写せず、なんだか解らない写真になってしまいましたが、

「下手っぴな写真が リアルで面白い」等とも言って頂ける このブログですので、載せてしまいます。

次は もっと良い写真を撮りたいと願いつつ、今後も たまに川へ降りてみます。

 

この川のほとりまで降りて行くことができる階段の入口には 真ん中にカラーコーンが立ててあり、通りにくいと申しますか、そのカラーコーンの横を すり抜けてから 階段を降り始めて頂く所がございます。また、そこへ行く もっと手前の部分で、ホテルの建物から出る時のドアは 鍵がかかっている場合がございますが、大人の方でしたら 簡単にパチンと開けて頂く事ができます。川へのお出かけに お子様だけで行ってしまわれることのないように、ご注意頂く為でございますので、ご了承くださいませ。

 

フロント 細川

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

秋の 木陰の広場にて、

当ホテルのお庭『木陰の広場』は、夏休み期間中は プールに行き来するお子様達の賑やかなお声に溢れ、また お盆の時期は ホテル主催の「手持ち花火大会」でも 大変に賑わいました。

秋の訪れと共に 雨降りの日が多くなっていたので、お外で遊ぶお子様が少ない毎日になり、ちょっと寂しくなってしまいましたが…

こちらには、訪問者がたくさん!とっても賑わっていました。

本日は、写真たっぷり・言葉少なめ で お送りして参ります。

同時に7~8匹もの虫さん達が来て、お食事をしていました。

 

この写真、カメラのズーム機能を使っていないんです。なんとなく、ピントが上手く合わせられないような気がして、直に かなり接近して撮っていました。以前に 山歩きのガイドさんに教えて頂いたのですが、「蜂に刺されないコツは、息を止めて、友好の気持ちを持ち、そぉーっと すり足で歩く。こちらが手で払おうとしたり 怖がって騒ぐと、相手も戦闘態勢になる」とのことで…いつも その言葉を思い出しながら、近くで見ると かわいくて綺麗なので、よく写真を撮っています。でも、蜂の気分は解らないので、気を付けて、観察を楽しんで行きたいと思っています。

皆様は、せっかくのご旅行で 虫刺されなどになりませんよう、どうぞ お気を付けくださいませ。

 

フロント 細川

 

箱根の植物. 箱根の生き物

当ホテルの看板、大人気です!

旧東海道(神奈川県道732号湯本元箱根線)の坂道を 三枚橋交差点(国道1号線との丁字路)から登って来て頂く(お車で10分程)と、右手側に当ホテルの看板がございます。

1枚目の写真の右端に見えているのが 当ホテルの最寄バス停である、箱根登山バス K路線「奥の茶屋」バス停です。(箱根のバス路線には アルファベットのマークが付いていて、他にはTやHなどもあります)(箱根湯本駅→三枚橋→下宿→ ・・・ と来ると、駅から9こ目のバス停が「奥の茶屋」です)

 

もうちょっと近付いて見ると、「ホテルおくゆもと」「この先30m」と書いてあります。

 

この看板の下の所、石の柱の側面に、カタツムリ君が居るんです。

ご覧頂けますでしょうか?

 

だいたい毎日くらい?見かけるのですが、それは1匹のみでした。

しかし、この日は、なんと!3匹も居て、びっくり!!赤い矢印を付けてみました。

 

上から順に、

一郎、

 

次郎、

 

三郎、

 

三兄弟です。

 

…と、こんな季節に、こんなに狭い範囲に、一度に3匹も来ていた、

カタツムリ君に大人気な、当ホテルの看板なのでした。

 

箱根の生き物

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ