ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

「箱根の生き物」の記事一覧

🔔『箱根湿生花園』OPENです!!空気の綺麗な高原の 屋外の施設(植物園)です🎵

仙石原にある『箱根 湿生花園』さんは、毎年 冬季は一時休園するのですが、

🔔先日【3月20日より 今年の『春の開園🎵』が始まりました!!】🔔

 

こちらは、湿原や川辺・湖畔などに生育している草花を中心とした 日本で初めての湿原植物園で、季節ごとのお花や高山植物を愛でながら のんびりと過ごすのに、とってもお薦めの場所です。

総面積3万㎡の広さの園内に、低地から高山まで日本の各地に点在する湿地帯の植物200種、草原や林、高山植物1,100種、また、外国の山野草などを含め、約1,700種の植物を見ることができる植物園になっています。

そして、この時期は なんと言っても『水芭蕉(ミズバショウ)』が 絶大な人気を誇る名物で、 「それを観る為に、毎年 来ているのよ!」と仰るお客様も とても多くいらっしゃいます。

『水芭蕉(ミズバショウ)』と言えば、「夏が来れば思い出す~♪」と 唱歌「夏の思い出」の中に歌われている その歌詞のイメージからも 清楚で愛らしい印象が 特に女性に人気の植物ですが…お花の時期は 夏ではなく、今!3月から5月が見頃なのです。

 

その他にも、早春のお花をたくさんご覧になることができます。植物を鑑賞するのは いつの季節も良いものですが、特に、寒い冬を耐えて 春を迎え 一斉に咲き始める花たちは、こちらまで元気のパワーをもらえるかのような 生命力に満ち溢れた力強い美しさがあるように感じます。

季節ごとのお花や園内の生き物ガイドは こちら→はなだより

 

芦ノ湖にも近く、美術館などの観光スポットが多い仙石原の、マイカーでは もちろん 公共交通機関でも ご便利な所にあります。

国立公園・箱根の中でも、特に 空気の綺麗な高原地帯の 屋外の施設は、この時期 特にお薦めです🎵

 

アクセスなど 詳しくは、こちら→『箱根湿生花園』さんのHP

 

神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の植物. 箱根の生き物

『箱根湿生花園』で ☆ナイトパーク☆開催中です!!

仙石原にある『はこね湿生花園』さんは、湿原や川辺・湖畔などに生育している草花を中心とした 日本で初めての湿原植物園で、季節ごとのお花や高山植物を愛でながら のんびりと過ごすのに、とってもお薦めの場所です。

こちらは、総面積3万㎡の広さの園内に、低地から高山まで日本の各地に点在する湿地帯の植物200種、草原や林、高山植物1,100種、また、外国の山野草などを含め、約1,700種の植物を見ることができる植物園になっています。

ちなみに、私は「広い」と聞くと「たくさん歩きまくろう!」と嬉しくなるタイプの 逞しい脚の持ち主ですが…

園内には『近道コース』も有り、御々足のお疲れが気になられるお客様にお薦めでございます。ちょっとお散歩するだけでも、すぐ近くの植物を観察するだけではなく、立ち止まり 遠くを眺めると 様々な植物たちがイキイキと暮らしている 素晴らしい景色をご覧頂けます。

 

1枚目の写真は 園内に入ってすぐの所。

「ここから先、どんな植物たちが居るかな~?」とワクワクして歩いていたら、こんなに素晴らしい🍂紅葉の木々🍁 が迎えてくれました。

『はこね湿生花園』さんは 標高650mの場所にあり、100~200m前後の箱根湯本の町(当館は200m程)に比べて 紅葉シーズンの訪れが早いのです!

赤・黄・橙…様々な色の美しい葉が サワサワと風に揺れ、とっても綺麗✨

最近始めたばかりのマクロレンズを使っての写真も たくさん撮り、行って戻って また進んでみたり、『近道コース』の方も行ってみよう!など、ぐるぐる・ぐるぐる…歩き回りました。

 

…と、このブログではお馴染みの、ちょっとピンボケな下手っぴ写真ですが、たくさん写真を撮って参りました。

ところで、タイトルにございます『☆ナイトパーク☆』開催中です!!の写真を掲載しておりませんでしたが、そちらは また 次回に。

『☆ナイトパーク☆』では 通常の閉園時間は17時のところ、1時間延長して18時まで営業となっており、箱根の夜の美しい景色をご覧頂けます✨この機会に ぜひ!ぜひ!お出かけくださいませ。

 

アクセスなど 詳しくは こちら→『はこね湿生花園』さんHP

 

神奈川県-観光. 箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の植物. 箱根の生き物

箱根ビジターセンターのイベントをご紹介♪

芦ノ湖の湖尻園地内にある 学習施設『箱根ビジターセンター』さんは、模型やパネル標本・パソコン検索などで動植物の生態を学ぶことが出来る施設で、ビジターセンター周辺では、箱根パークボランティアの方による定期的な自然観察会などが開かれています。

お勉強の為の施設と言っても、林間学校などの お子様たちが見学する内容だけではなく、野鳥好きの大人の皆様も多く集い、また、全館バリアフリーで 車イスの無料貸出しも有るので、ご家族お揃いでのお出かけにも とってもお勧めです。

「箱根パークボランティア」の方による定期的な自然観察会などが開かれていて、秋の箱根の大自然を満喫しながら 楽しく野山を歩くことができます。ガイドさんと一緒に行くウォーキングは 動植物などをいろいろと深く知ることができて、お勧めです!

 

10月26日(土)に開催の『芦ノ湖水門と歴史を訪ねて』は、自然を楽しみながら湖尻水門の歴史を訪ねるイベントです。詳しくは こちら→ご案内PDF

11月19日(火)に開催の『紅葉の箱根路を訪ねて』は、旧街道石畳や歴史深い池などを巡り、秋の草花や実りを観察するイベントです。詳しくは こちら→ご案内PDF

 

他にも、季節ごとに様々な催しが行われますので、ご旅行の日程に合わせて ぜひ お調べになってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、以前にお話しさせて頂いた(→先日のブログ10月1日より販売再開!!となった『大涌谷の黒たまご』🌟をお求めになることができるお店【くろたまご館4】さんにも 近い場所ですので、併せまして ぜひ お寄りになって見て頂きったいと思います。

 

アクセスなど、施設のご紹介は こちら→『箱根ビジターセンター』さんHP

 

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の植物. 箱根の生き物

「 おくゆもと 生まれ」の カブトムシ たち、とっても元気です!!

夏休みが始まり、毎日たくさんのお客様で賑わっている 当ホテルです。

お子様向けのイベントも多く開催中(詳しくは こちら→過去の記事)で、とても盛り上がっています☆彡

 

さて、本日の話題は、彼らのこと…

「今年も たくさんのカブトムシたちが生まれました!!」というお話。当館の男性スタッフが 何代にも亘り育てている、カブトファミリーです。


夏休み期間中は お子様プレゼントで、皆様の ご自宅に連れて帰って頂けます🎵 虫カゴのご用意も(無料)ございますので、ご安心くださいませ。

写真は 本日の様子、「ノッシ ノッシ」と力強く歩き回り、とっても元気な姿を見せてくれています!

 

当ホテル 正面玄関の左手に 大きな水槽みたいなものが見えているのが「カブトのおうち」

こちら2階部分がカブトムシ、その下 1階部分に小さめのおうちが有り クワガタも少し居たりします。

(今のところ、カブトムシが多め・クワガタが少なめですが、変わるかも知れません…)

クワガタたちは 特に元気いっぱい!すごく活発です!!

こちら6枚目の写真の左側の子や、

この7枚目の写真の右側の子は、

鍬の部分を「ジャッキン ジャッキン」動かすので、ぶれて写ってしまいましたが…臨場感重視で そのまま掲載してしまいます。

 

超元気!超カッコイイ!カブトムシクワガタムシ達。ご来館の際に ぜひご覧くださいませ。

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

森のふれあい館『生きた昆虫展』、開催中です!

芦ノ湖・海賊船の箱根町港から近い『箱根やすらぎの森』の中にある『森のふれあい館』さんは、ご家族でお出かけになるのにお薦めな 町立の施設で、特に、夏休みは お子様たちで とても賑わいます。

自然の素晴らしさ、森林の大切さを楽しく学べる 町立の施設で、野鳥や野生動物を観察したり、また、植物・木の実などを使って遊んだり、手作りクラフト体験ができます。

只今 そちらでは、夏の特別企画『生きた昆虫展』が9月16日まで開催されています。毎年恒例の 男子も女子も お子様達で大盛況に盛り上がる人気イベントなのです!

自然の環境に近く造られた 大型ケージの中に居る、カブトムシやクワガタムシを観察する事ができます。

そして、非常に貴重な外国産のカブトムシ・クワガタムシも多数展示されています。

 

実際にカブトムシやクワガタムシに触れて遊べるタッチコーナーもあり、また、他にも箱根に居る虫たちに関する展示なども 大人気です!

 

カブトムシやクワガタムシが当たる抽選会が開催される日もあり、また、今年は『甲虫選挙』という 面白いイベントが行われています。展示してある虫の中から一番好きな虫に投票するのです。抽選でプレゼントももらえますよ。

また、このイベントの他にも いろいろと企画展もあり、他には ハンモックやベンチ、ボールやバドミントンなどの無料レンタルもあるので、森の中でのんびり過ごしたり、思いっきり遊んだりと、楽しみ方はいろいろです。

夏休みの自由研究にも役立ちそうな、楽しくて ためになる 箱根の森での楽習に、ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

アクセスなど 詳しくはこちら→『森のふれあい館』さんHP

箱 根-山登り・ハイキング. 箱 根-観光. 箱根の生き物

『はこね湿生花園』、ホタル飛翔観覧の夜間開園☆彡開催中です

当ホテルで その美しい光を見せてくれるホタルたちは、(自然のものなので いつが「見頃のお仕舞い」とは申し上げることができないのですが)残りわずかとなっております(今年の初観測の時のブログは こちら→過去の記事)が、

箱根の中でも標高の高い所にある『はこね湿生花園』さんでは、6月23日まで「ホタル飛翔観覧のための夜間開園」が行われています。

 

仙石原にある『はこね湿生花園』さんは、湿原や川辺・湖畔などに生育している草花を中心とした 日本で初めての湿原植物園で、季節ごとのお花や高山植物を愛でながら のんびりと過ごすのに、とってもお薦めの場所です。

こちらは、総面積3万㎡の広さの園内に、低地から高山まで日本の各地に点在する湿地帯の植物200種、草原や林、高山植物1,100種、また、外国の山野草などを含め、約1,700種の植物を見ることができる植物園になっています。

 

今回の「夜間開園」では、通常は17時閉園のところを21時まで4時間延長しての営業(最終受付は20時45分)となっており、ホタルを鑑賞しながら 涼しくて気持ちの良い園内を歩く事ができるのは 今だけの特別な催しなのです。

(標高651mの場所の涼しさを具体的にご説明致しますと、東京の山手線の駅で 最も標高が低いのは品川駅1.19m・最も高くて新宿駅37.5mですが、標高が100m高くなる毎に 気温は0.6℃下がるので、標高が高い方の新宿駅と比べても4℃程は涼しい計算になります。しかも、都会のビル群が無い 箱根の高原地帯ですし、たくさんの木々に囲まれ、また、湿原植物の育つ場所ですので、体感温度は もっと もっと 涼しいですよ♪)

 

デリケートなホタルたちを鑑賞するご注意点などは こちら→チラシPDF
また、上記のPDFのチラシ裏面には お昼間の園内で鑑賞することができる植物たちの紹介も載っています。
国立公園・箱根の中でも ホタルを鑑賞することができる場所はわずかですので、この機会に ぜひ お出かけになってみてはいかがでしょうか?
アクセスなど 詳しくは こちら→『はこね湿生花園』さんHP

 

箱 根-観光. 箱根の植物. 箱根の生き物

🌟ホタルたち、元気に光っています!!🌟

🌟先日、無事に 今年の初観測の日を迎えた、当ホテルのお庭『木陰の広場』に暮らす【💡ホタル💡】たち、元気に!活発に!光っています🌟

自然豊かな国立公園 箱根の中でも【💡蛍💡】を見ることができる場所は 珍しく、当館の大浴場・露天風呂の向こう側を流れる二級河川『須雲川(すくもがわ)が 箱根の中でも特に水質の良い綺麗な水なので、そのお陰様で 毎年 【💡ほたる💡】たちの美しい光を鑑賞することができるのです。

 

その『須雲川(すくもがわ)は 夏には川遊びもできる川で、詳しいご案内を以前のブログに掲載しておりますので、ぜひ ご覧くださいませ。→過去の記事

 

さて、夜は 黄緑色の幻想的な光を灯し 優雅に飛んでいる【💡ホタル💡】たちですが、お昼間は 何をしているのかな?と 探しに行ってみました。

「川原の石の下で休んでいたり、植物の葉っぱの裏などの涼しい所で じっとしている」と 昆虫に詳しいスタッフに聞いたのですが…

【💡ホタル💡鑑賞スポット】へ着いてすぐに、小さめの体の子が一匹 草から草へと飛んでいるのを発見して 驚きました。

 

そして、夜の光っている時間帯に よく とまっている植物を見て回り、しばらく探してみました。

居ました!居ました!【💡ホタル💡】は 体が黒くて頭が赤いので、目立ちます。

こちらは けっこう大きい方の個体で、細長い形の体は 1.5cmくらいの長さがありました。

この3枚目の写真は 昨日の正午頃に撮った写真ですが、その後、19時30頃から 昨夜の活動を始めて たくさんのお客様に鑑賞して頂けました。

 

夜の光っているところの写真は、「写真が趣味」と言うスタッフが 後日 撮る予定になっておりますが…

「下手な写真が リアルな感じ」とのお声も頂戴している このブログですので、へっぽこな腕前の私が撮った 下手っぴな写真を ちょっと載せさせて頂いてしまいます。

予告通りの?、皆様の予想を はるかに下回る?、

本当に ド下手な写真で、すみません。

 

ですが、🌟動画は、もうちょっとだけ 上手に撮れました!!🌟

このブログには動画を載せられないのですが、Twitterに投稿しておりますので、ぜひ ぜひ ご覧くださいませ。

🌟Twitterアカウントは こちら→ホテルおくゆもと【公式】ツイッター🌟 

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

🌟ホタル、初観測です🌟

今年も、やって参りました、

おくゆもとの初夏」といえば…

🌟ホタル🌟

🌟ほたる🌟

🌟蛍🌟 季節です!!

 

当ホテルのお庭『木陰の広場』には、毎年 ホタルを鑑賞することができる『ホタル小道』がございます。

 

先日、今年の初観測を無事に修め、いよいよ お客様にご覧頂けるようになりました♪

2週間から3週間程の ほんの短い時期だけ、その美しい光を見せてくれるホタルたちに会いに、ぜひ いらしてくださいませ。

 

ホタルは とっても臆病で、カメラを向けられていると なぜか その気配を感じとるようで、光るのをやめてしまったりします。お話し声や 懐中電灯の明かりなどにも敏感な、デリケートな虫さん達です。

ホタルをご覧になる時は、鑑賞スポットに着いたら あまり動かず静かにお待ちになってみてください。すると、やがて、ふわふわと舞いながら、やさしい光を見せてくれることと思います。

 

蛍鑑賞スポットまでの道のりは、こちら→過去の記事をご覧くださいませ。

 

箱根湯本の自然界に暮らす 天然のホタルたちなので、みんなでたくさん光る 活発な日・お休み中なメンバーも居る おとなしい日…と、コンディションの変化は いろいろあるかと思いますが、激しく荒れ模様な天候などでなければ だいたい 毎日 鑑賞して頂けるかと思いますので、ぜひ お楽しみに!!

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱根の生き物

箱根園水族館に コツメカワウソの赤ちゃんがいますよ♪

『箱根園水族館』で誕生した、コツメカワウソの赤ちゃん達 4頭が、先月末からお披露目されています!

細長い形の芦ノ湖の真ん中あたりの湖岸にある『箱根園水族館』さんは、日本一標高の高い所にある海水水族館で、世界中の魚たちや かわいい海獣たち 水鳥たち などなど…たくさんの生き物に出会える、とても人気の観光施設です。

 

そちらの水族館で、昨年から新しく仲間入りしていたコツメカワウソの「ハナちゃん」と「フユくん」のもとにオスとメスそれぞれ2匹の赤ちゃんが誕生しました🎉

すくすくと元気に成長し、3月21日から 皆さんにお披露目されています。

つぶらな瞳、小さなおてて、丸っこいお耳も、とってもカワイイ!!遊び盛りのやんちゃでキュートな赤ちゃんたち。早くも大人気を誇る 水族館のスターになっています。

 

他にも、大きな水槽で行われる『海中ショー』では、お魚たちとダイバーさんの演じる素敵なショーが行われていたり、

また、バイカルアザラシ君たちのショーも とっても賑わいます!のほほんとした おもしろカワイイ アザラシ君たちは、すごく芸達者ですよ!

 

そして、その『箱根園水族館』さんの お得な前売り券

大人1,500円→1,200円  お子様750円→600円 を、

当ホテルのフロントにてご購入頂けるので、発売以来 大変 ご好評を頂いております!!

アクセスや営業時間についてなど、詳しくは こちら→『箱根園水族館』さんのHP

 

春の楽しい箱根旅行で、ぜひ 出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

『おくゆもと』からお知らせ. 箱 根-観光. 箱根の生き物

モミジの ツボミと新芽が綺麗です

新緑が眩しい、爽やかな季節。春の箱根では、様々な植物たちが 新たな葉を伸ばしています。

やわらかな化粧筆のように しなやかに風に揺れていた黄緑色の新芽は、『モミジ』の葉です。

その先には 赤い小さいツボミがたくさん付いていました。もうすぐモミジの花が咲き始めます。

そして、ひと月ほど経つと 面白い形の種ができるので、そちらも とっても楽しみです。

昨年の種の写真は こちら→過去の記事

 

また、ご近所ではは『満天星』も咲き始めました。『満天星』と書いて『ドウダン』と読み、また この漢字三文字だけで『ドウダンツツジ』とも読むのだそうで、別の漢字表記では『灯台躑躅』と書く、ツツジの仲間の木。

スズランみたいな、小さな 小さな とても可愛らしい花です。

 

野鳥たちも とても賑やかで、特に早朝に聞こえるウグイスの声は とても美しく、国立公園ならではの自然の素晴らしさを感じます。(今年のウグイスは、最初の たどたどしい練習の声をあまり聞かなかった…最初から上手に鳴いていたような気がします。)

 

フロント 細川

 

 

箱根の植物. 箱根の生き物

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ